三菱UFJ銀行 住宅ローンの審査基準

三菱UFJ銀行の住宅ローンは融資残高が14兆円(2018年3月時点)を超えている日本最大の住宅ローンです。

 

豊富な店舗網が武器ですが、最近はインターネットからの住宅ローン申し込みも強化していて、ネット銀行の住宅ローンに対抗する取り組みを打ち出しています。この記事では三菱UFJ銀行の住宅ローンの審査基準について解説しています。

 

続きを読む

ミスター住宅ローンREAL(SBIマネープラザ)の審査基準

住信SBIネット銀行

ミスター住宅ローンREALを提供しているのはネット銀行の住信SBIネット銀行です。SBIマネープラザは全国に店舗展開している金融機関で、SBIマネープラザのスタッフに住信SBIネット銀行の住宅ローンのメリットやデメリットなどを教えてもらうことで、ネット銀行の低金利と店舗相談の安心を両立しているのがミスター住宅ローンREALです。

続きを読む

りそな銀行の住宅ローンの審査基準|本審査・事前審査の日数は?甘い?厳しい?

りそにゃん

この記事ではりそな銀行の住宅ローンの審査基準について解説しています。

 

りそな銀行はネットで申し込む住宅ローンに比較的早く対応していて、数年前からネット専用住宅ローンを取り扱っています。特にネット申込専用の借り換えローンは、ネット銀行以上の低金利でかなり話題になったこともあります。

 

ただし、ネット銀行も黙ってはおらず、すぐに追随され、会社的に無理がある金利水準だったためか、その後は徐々にりそな銀行のネット専用住宅ローンの金利が引き上げられました。

今でも低金利の部類ではありますが、ネット銀行のように無料の疾病保障を充実させるような動きも見られず、ネット銀行の住宅ローンとの差は拡大傾向という印象です。

 

この特集ページでは、そんなりそな銀行の住宅ローンの「審査基準」や「審査にかかる日数」などに着目してりそな銀行の住宅ローンを解説したいと思います。

続きを読む

フラット35・フラット20の金利推移は?今後の金利はどうなる?

このページではフラット35・フラット20の過去の金利推移と今後の金利動向を予想しています。

住宅金融支援機構では、フラット35の金利に連動する債権の条件を毎月20日前後に発表しています。その債券の利回りを参考にすることで、翌月のフラット35・フラット20の金利を予想できます。

 

最初にフラット35の金利推移を確認しておきましょう。

 

続きを読む

楽天銀行 住宅ローンのメリット・デメリット・落とし穴とは?

日本最大のIT企業である楽天グループに属する楽天銀行はイーバンクを前身としており、日本政府が100%出資している住宅金融支援機構と協力し「フラット35」を提供しています。
フラット35は国内でメガバンク・地銀など300あまりの金融機関が提供をしていますが、楽天銀行は2016年度にみずほ銀行を抜き、銀行業界におけるフラット35取り扱い件数1位となっています。

2016年度の実績ですとフラット35で住宅ローンを組む方のうち10人に1人程度の割合で楽天銀行を選んでいます。

フラット35において銀行業界でNo.1の人気・実績をもつ楽天銀行ですが、多くのメリットがあることでこうした実績に結びついて言えると思われますが、落とし穴やデメリットはないのでしょうか?

同じ住宅ローンでも契約する方により向き・不向きがあったりするものです。しっかりと落とし穴やデメリットを把握しておくことで楽天銀行のフラット35を賢く活用してみてはいかがでしょうか。

楽天銀行の公式サイトをまずは確認したいという方はこちらはらアクセスいただけます https://www.rakuten-bank.co.jp/home-loan/

 

続きを読む

年収500万円の住宅ローン審査基準とは?

この特集では年収500万円ぐらいの人の為の住宅ローン審査について解説しています。

 

年収500万円で住宅ローンはいくら借りれる?限度額は?

銀行は住宅ローンの審査で年収が500万円前後の人をどのように判断しているのでしょうか。そのあたりについて解説しながら、年収500万円の人がいくらまで借りられるかなどを確認してていきたいと思います。

続きを読む

公務員の住宅ローン審査について

公務員として働く人の為の住宅ローン審査特集

国家公務員、地方公務員、法律関係・経済関係・公安関係・教育関係で働く公務員の方は一般的に住宅ローンの審査では有利と言われ、個人信用情報に問題があったり、無理のある借り入れ条件でない限り、審査に落ちにくいとされています。

 

住宅ローンの審査に強い立場を利用して賃貸目的でマンションを購入している人も多くいると言われています。

 

続きを読む

年収200万円の住宅ローン審査基準とは?

建築基準のアイキャッチ画像です

年収200万円台で住宅ローン審査に通らず、マイホーム購入はできないと諦めていらっしゃいませんか?住宅ローンの審査基準で年収を200万円以上としている銀行は存在し、実際に住宅ローンが組めたという方も多くいらっしゃいます。

この特集ページでは、年収200万円で住宅ローンいくら借りれるか、適正な借り入れ限度額の解説と、おすすめの住宅ローンについて解説しています。

続きを読む

住宅ローンのワイド団信とは?高血圧、糖尿病、うつ病でも利用可能?!/取り扱い銀行の一覧も紹介

公務員や上場会社の正社員など、収入が安定していて住宅ローンの審査に通りやすい人たちが、住宅ローンを利用できない理由の1つに健康状態の問題があります。住宅ローンは団信への加入が必須なので、健康状態に問題があると団信に加入できず、結果として住宅ローンを利用できないのがその理由です。

 

フラット35を除く、民間の住宅ローンの場合、団信(団体信用生命保険)への加入が必須で、団信に加入できない場合、住宅ローン審査に落ちることになりますので、このページでは、住宅ローン利用時に加入する団信と、団信(一般団信)に加入できない人の為に用意されているワイド団信について解説しています。

 

ワイド団信は健康上の理由で一般団信に加入できない方向けに、保険料を支払う代わりに加入条件を緩和した団信で、保障内容は一般団信と同じです。

 

続きを読む

産休・育児休暇中の住宅ローン審査について

ここ30年以上、専業主婦世帯数は減少し、共働き世帯は右肩上がりで増加しています。

以下は独立行政法人の労働政策研究・研修機構が発表している専業主婦世帯と共働き世帯の世帯数の推移を示したグラフです。

続きを読む