年収500万円の住宅ローン審査基準とは?

この特集では年収500万円~の人の為の住宅ローン審査について解説しています。

年収500万円で住宅ローンはいくら借りれる?限度額は?

まず、住宅ローンを銀行は住宅ローン審査において年収が500万円台の方々に対してどのような前提で審査を行い、どの点に注意して審査しているのかを解説しながら、年収500万円の人がいくらまで借りられるかなど、借入上限額の試算を紹介していきたいと思います。

続きを読む

JA(農業協同組合)の住宅ローンの審査基準とは

JAロゴ

JAは、農業者(農民又は農業を営む法人)によって組織された協同組合で、農業に従事する人がお互いを助け合うために資金を出し合ってつくった協同組合です。様々な意見がありますが、通常の法人とは違って営利目的ではありません。

まず、JA住宅ローンは、農業協同組合(JA)・信用農業協同組合連合会・農林中央金庫が運営する金融機関であるJAバンクが提供しています。利用にはJAへの出資が必要だったり、基本的には農業に従事する人の為に提供されている住宅ローンと言えます。

続きを読む

ARUHI(アルヒ)のフラット35の審査基準

アルヒはフラット35で何年も連続で取り扱い実績1位を獲得し続けているモーゲージバンク(住宅ローン専門の金融機関)です。

この特集ページではアルヒのフラット35の審査基準について解説しています。

続きを読む

au住宅ローンの審査基準について

じぶん銀行のロゴ

au住宅ローンはKDDI(au)と三菱UFJ銀行が出資するネット専業銀行のじぶん銀行が提供する住宅ローンです。超低金利・がん疾病保障・その他の病気やケガに対する備えの3拍子が揃った住宅ローンですが、住宅ローンの商品そのものはじぶん銀行の提供している住宅ローンと同じです。

 

auスマホユーザー向けの住宅ローン

au住宅ローンは、通常のじぶん銀行の住宅ローンに最大5年間・毎月500円のキャッシュバックが行われるサービスがセットされる住宅ローンです。

続きを読む

住宅ローンのワイド団信とは? 高血圧、糖尿病、うつ病でも利用可能?!

公務員や上場会社の正社員など、収入が安定している人で住宅ローンを利用できない理由の1つに健康状態の問題、つまり、団信に加入できないという問題があります。

 

フラット35を除く、民間の住宅ローンの場合、団信(団体信用生命保険)への加入が必須で、団信に加入できない場合、住宅ローン審査に落ちることになります。

このページでは、住宅ローン利用時に加入する団信と、団信(一般団信)に加入できない人の為に用意されているワイド団信について解説しています。

続きを読む

住宅ローン借り換えとは?メリット・デメリットとは?

ここ数年の低金利を受け、住宅ローンの返済額を減らすために、住宅ローン借り換えを行う人が増えています。

住宅ローンの金利も低金利が続いていて、変動金利では0,5%を下回り、10年固定金利でも0.6%を下回る金融機関もあるほどです。

5-10年ほど前では想像できない低金利です。住宅ローンの借り換え手続きは面倒なものですが、多少の面倒があっても借り換えを行う人が多くいるのは当然の結果と言えるでしょう。

 

続きを読む

新生銀行 住宅ローンの審査基準

新生銀行ロゴ

新生銀行は全国に支店を展開している銀行で積極的に住宅ローンを展開しています。

新生銀行が登場した当初は「日本のCiti bank」とも言われ富裕層向けの高級感のあるサービスが目立っていました。近年はTポイントと提携したり利用者の拡大を狙うようになっています。

自営業者や契約社員も利用できる新生銀行の住宅ローン

転職直後でも複数の会社で継続的に2年以上の収入あり、自営業・個人事業主でも2年以上の事業経験で利用できる新生銀行の住宅ローンに注目

続きを読む