住信SBIネット銀行の住宅ローン審査は厳しい?/年収、審査期間、借入限度額は?

住信SBIネット銀行の住宅ローン

住信SBIネット銀行は、SBIホールディングスと三井住友信託銀行が親会社のインターネット銀行です。2007年より営業開始以来、次々と新しいサービスや商品を開発し、インターネット銀行の中でも特に順調に規模を拡大しています。預金残高はもちろん、住宅ローンの累計実行額も2019年11月に5兆5,000億円を突破し、驚異的なペースで利用者を増やしています。

 

この記事では、そんな人気の住信SBIネット銀行のネット専用住宅ローンの審査や審査基準について解説したいと思います。住信SBIネット銀行の住宅ローンは低金利と疾病保障サービスの充実ですが、これから申し込みを考えている人が気になるのは、住信SBIネット銀行の住宅ローン審査は厳しいのか、甘いのかだと思いますので、そのあたりにも詳しく触れて解説したいと思います。

(住宅ローンの審査基準は一般的に公表されていませんので、解説にあたっては住信SBIネット銀行の公式サイトで公表されている商品概要説明書やよくある質問(Q&A)に記載されている情報を引用しながら、できるだけ正確な情報をお届けできるように留意しています。)

続きを読む

auじぶん銀行の住宅ローンの落とし穴とその審査基準とは

インターネット専業銀行として高い人気を集めているauじぶん銀行。auじぶん銀行は、通信大手のKDDIと日本を代表するメガバンクの1つである三菱UFJ銀行が共同で出資して設立したインターネット専業銀行です。”auじぶん銀行”というちょっと珍しい銀行名ですが、企業背景は他のどのインターネット専業銀行よりもしっかりしているといっても過言ではありません。

日本経済新聞社発表の「第13回金融機関ランキング」における『ネットバンキング』部門では1位に輝くなど外部の評価も高くなっています。

auじぶん銀行の評価(日経新聞社)

そんなauじぶん銀行は、住宅ローン以外にも次々と新しい銀行サービスの取り扱いを開始しており、普段使いの銀行として使う分には、非常に充実した銀行サービスを既に提供しています。当サイトは住宅ローンの審査や審査基準に関する情報を提供している住宅ローン審査情報サイトですので、この特集では主にauじぶん銀行の住宅ローンの商品性や審査基準・落とし穴(デメリット)などについて紹介させていただきます。

続きを読む

auじぶん銀行の住宅ローン キャンペーンコードは?/2020

日本で初めて来店も郵送も不要でインターネットで全ての手続きが完了するネット完結型の住宅ローンを提供したauじぶん銀行。

 

auじぶん銀行は住宅ローンの契約で定期的に現金をプレゼントするキャッシュバックキャンペーンを実施しています。この記事では当サイトが確認できたauじぶん銀行が現在、実施している最新のキャンペーンを紹介していきたいと思います。

 

現在、auユーザー向けに5万円のキャッシュバックキャンペーンを実施中です。

 

過去には所定のキャンペーンコードを入力することでキャンペーン対象になるキャンペーンを実施していたこともありました。(2017年には紹介キャンペーンを実施していましたし、auじぶん銀行の住宅ローンにau特典とつけたau住宅ローン限定でキャンペーンを実施していたこともあります。)

 

現在、実施しているキャンペーンにはキャンペーンコードを登録する代わりに、auじぶん銀行の銀行口座にログイン後、「au関連」メニューよりau IDを登録する流れとなります。

 

なお、2020年3月末までauじぶん銀行では変動金利を年0.410%(全期間引下げプラン)とするキャンペーンを開始を実施中です。

 

 

auじぶん銀行の住宅ローンの最新キャンペーンはこちら

 

続きを読む

りそな銀行の住宅ローンの審査基準|本審査・事前審査の日数は?甘い?厳しい?

りそにゃん

この記事ではりそな銀行の住宅ローンの審査基準について解説しています。

 

りそな銀行はネット銀行の住宅ローンに比較的素早いスピード対応していて、数年前からネット専用住宅ローンを取り扱っています。特にネット申込専用の借り換えローンは、無料の疾病保障が付帯しないなどネット銀行の住宅ローンとの差はまだありますが、金利水準はネット銀行と比べてもそん色ないぐらいの水準の金利で、大手銀行が提供する住宅ローンとしては魅力的な水準と言えます。

 

この特集ページでは、そんなりそな銀行の住宅ローンの「審査基準」や「審査にかかる日数」などに着目してりそな銀行の住宅ローンを解説したいと思います。

続きを読む

au住宅ローンの審査基準について

au住宅ローンはKDDI(au)と三菱UFJ銀行が出資するネット専業銀行のauじぶん銀行が提供する住宅ローンです。超低金利・がん疾病保障・その他の病気やケガに対する備えの3拍子が揃った住宅ローンですが、住宅ローンの商品そのものはauじぶん銀行の提供している住宅ローンと同じです。

 

auスマホユーザー向けの住宅ローン

au住宅ローンは、通常のauじぶん銀行の住宅ローンに最大5年間・毎月500円のキャッシュバックが行われるサービスがセットされる住宅ローンです。

続きを読む

auじぶん銀行の住宅ローンでオーバーローンは可能?

低金利で人気のネット銀行の住宅ローンの中でも特に人気を集めているのがauじぶん銀行の住宅ローンです。

低金利やがんに対する疾病保障など人気の秘密は1つではありませんが、今回はauじぶん銀行の住宅ローンをオーバーローンで利用できるのか?という点をテーマにしたいと思います。

続きを読む

ソニー銀行の住宅ローンの落とし穴・デメリット、メリットとは?

2001年にソニー、三井住友銀行(旧さくら銀行)、JPモルガンが出資し開業した、ネット専業銀行の中でも老舗であるソニー銀行はネット専業銀行で初となる住宅ローンの取り扱いを開始し、今日では当たり前の存在となっているネット専業銀行の住宅ローンの先駆けとなっています。

ソニー銀行の住宅ローンはオリコンの顧客満足度調査で9年連続で1位になるなど、実際に同行の住宅ローンを利用しているユーザーに高く評価されています。

本ページではソニー銀行の住宅ローンの落とし穴やデメリットについてまとめてみました。顧客満足度が高いソニー銀行の住宅ローンですが、落とし穴が無いわけではありませんのでしっかり情報を把握しておきたいですね。ソニー銀行の住宅ローン

続きを読む

フラット35審査と年収/借入可能額は?いくら借りれる?

フラット35は国土交通省が所管する住宅金融支援機構と民間金融機関が提携し、提供されているのが公的な住宅ローン「フラット35」です。

公的な側面を持つことから、自営業・個人事業主・会社経営者・会社役員・パート・アルバイトなど民間金融機関の住宅ローンでは住宅ローンを組めない方にも人気の住宅ローンとなっています。

フラット35は累計で100万組の方にも利用されている日本を代表する住宅ローンと言ってよいでしょう。

フラット35の審査基準は住宅金融支援機構が定めているため基本的な審査結果は同じであり、借入可能額も同じ結果となります。

今回はフラット35の年収ごとの借入限度額についてご紹介してみたいと思います。

 

続きを読む

バセドウ病だと住宅ローンが組めない?住宅ローンの団信対策とは

一般的な住宅ローンを借りるには団信への加入が必須です。
団信とは、住宅ローンの返済中に契約者に万が一のことがあった場合、保険金により残りの住宅ローンが弁済される保障制度です。銀行は貸し倒れにならないように保険をかけるわけですが、この団信は生命保険の一種なので契約する際には健康告知が必要になります。健康告知とは、生命保険への加入を希望する方が保険会社に自分の健康状態をあらかじめ申告することです。生命保険会社は、その健康告知をもとに加入の可否を判断します。

団信の健康告知は、通常の生命保険よりも告知項目が少なく、比較的に加入しやすいと言われていますが、病気の種類や症状、経過によっては団信に加入できない場合があります。

今回注目するバセドウ病は200~400人に1人と羅患率が比較的高い病気ですが、住宅ローンを利用しようと思った場合はどうすればいよいのでしょうか。

団信の仕組み

続きを読む