ゆうちょ銀行 住宅ローンの審査基準

 

ゆうちょ銀行には住宅ローンがない

ゆうちょ銀行は、銀行の規模としてはメガバンクである三菱UFJフィナンシャルグループをしのぐ日本最大の金融機関です。

しかし、郵政民営化で誕生した際に預金業務の認可がありましたが、融資業務の認可が無く、その後も地方銀行の反発もあり認可を取ることはできておらず、ゆうちょ銀行では住宅ローンなどの融資業務は行っていません。

 

「住宅ローンを取り扱っていないのに住宅ローンの審査基準ってどういうこと?」と思うかもしれませんが、ゆうちょ銀行では長らく「スルガ銀行」の住宅ローンを販売していました。そのスルガ銀行が2018年に不正融資で問題になった事で、現在、ゆうちょ銀行はスルガ銀行の住宅ローンの代理販売を自粛しています。 続きを読む

社長、経営者、オーナー、代表取締役、取締役の住宅ローン審査

社長、経営者、オーナー代表取締役、取締役なのに住宅ローン審査に通らない理由は?

社長、経営者、オーナー、代表取締役、取締役は、一般的に企業で働く従業員と比べると高い事業リスクを負っています。

この記事では、住宅ローン審査において、社長、経営者、代表取締役、取締役からの住宅ローンの申し込みがあった場合、銀行がどのような前提で審査を行っていて、どのような点を重点的に審査しているのかまたその対策を解説しています。

続きを読む

フラット35 審査基準、通らない、落ちた理由

フラット35は住宅金融支援機構という国の機関と民間の金融機関が提携して提供される長期固定金利の住宅ローンです。

フラット35を扱う金融機関は国内に330余りありますが、原則フラット35を貸し出した後は、債権を住宅金融支援機構が金融機関から買い取るため、フラット35の審査基準は住宅金融支援機構が各金融機関に提示しています。

住宅金融支援機構は、営利目的である民間の住宅ローンとは異なり、公的な機関で国民に低利のローンを貸し出し、優良な住宅の取得を手助けしています。

また、フラット35は団体信用生命保険の加入が強制ではないため、持病などの既往症で保険加入が認められない場合でも申込ができるという特徴があり、住宅ローンの審査基準も民間金融機関の住宅ローンとはまったく異なります。

そのため、フラット35は日本国内で最も住宅ローン審査基準が緩い住宅ローンといっても過言ではなく、住宅ローン審査に不安がある方は申し込むべき住宅ローンです

続きを読む

税金の滞納について

税金の滞納は住宅ローンの審査にどのような影響を与えるか

納税は日本国民の義務なので、決して未納や納税延滞があってはならないものですが、自営業を営んでいると資金繰り上、納税期限までに納税できない事態に陥ったりしますし、転職時の手続きの都合で住民税を一括納付するケースでは高額になり、過去に納税遅延を経験したことがある人は一定数いらっしゃると思います。

続きを読む

自由業の住宅ローン審査

自由業で住宅ローン審査に落ちた?なぜ?住宅ローンの審査が甘い、通りやすい銀行、落ちた理由を知りたい方必見

自由業の方は組織に属さずご自身の力でお仕事をされており、日々の業務に追われる中でマイホーム購入を決意され、本ページにたどり着いていただいたのだと思います。マイホーム購入で日々の生活がよりよくなるため住宅ローン審査において自由業という職業について銀行がどのような前提で審査を行い、どの点に力点を置いて審査を行うのか、また審査対策や自由業の方にオススメの銀行を解説していきたいと思います。
なお、年齢、健康状態、信用情報、住宅の価値・評価など審査項目は職業ごとに違いはないため本ページでは割愛します。
会社オーナーや代表取締役、取締役(役員)の審査についての解説はコチラをご覧ください。

 

続きを読む

芸能人の住宅ローン審査

芸能人(俳優・ミュージシャン・芸人など)の住宅ローン審査は厳しい?

収入の種類や状況によって住宅ローンの審査も扱いが変わると言われていますが、収入が不安定になりがちの芸能人は、住宅ローンの審査の面で不利になることが多いと言われています。

また、芸能人と言っても様々な雇用形態や収入形態があるので、通常のサラリーマンとは異なる審査書類の提出を求められることも多々あるようです。

このページでは、芸能人の住宅ローンの審査において注意しておくべきポイントなどを紹介していきたいと思います。

続きを読む

りそな銀行の住宅ローンの審査基準|本審査・事前審査の日数は?甘い?厳しい?

りそにゃん

りそな銀行はネット銀行の台頭に素早く対応し、ネット専用住宅ローンなどを取り扱っています。特にネット申込専用の借り換えローンは、無料の疾病保障が付帯しないなどの差分はありますが、金利だけで見ればネット銀行と同水準の低金利で、大手銀行が提供する住宅ローンとは思えず何かウラがあるのでは?不安に思っている人もいると思います。

この特集ページでは、そんなりそな銀行の住宅ローンの「審査基準」や「審査にかかる日数」などに着目してりそな銀行の住宅ローンを解説したいと思います。

続きを読む

年収100万円の人におすすめの住宅ローンとは?

年収100万円台だと、マイホームを手にすることは不可能と思われていませんか?住宅ローンの審査に落ちるに決まっている、住宅ローンを組めるはずがないと思い込んでしまっている人は想像以上に多くいらっしゃるようです。結論としては、決してそんなことはありません。年収100万円台でも住宅ローンが組めたというケースはたくさんあります。

 

特に年収100万円台の方には公的な住宅ローンであるフラット35の利用をお勧めしています。

 

年収100万円で住宅ローンは組める?

いくら借りれる?限度額は?オススメの銀行は?住宅ローン審査対策でマイホームを買おう!

年収100万円台でも住宅ローンが組めたというケースはたくさんあります。特にでの住宅ローンへの申し込みは有効な手段です。
しかし、銀行によっては、住宅ローン審査の年収基準を300万円・400万円としているのも事実です。年収面で高いほうが住宅ローン審査に有利なことは間違いありません。

続きを読む

住信SBIネット銀行の住宅ローン審査は厳しい?/年収、審査期間、借入限度額は?

住信SBIネット銀行は、SBIホールディングスと三井住友信託銀行が親会社のインターネット銀行です。2007年より営業開始以来、次々と新しいサービスや商品を開発し、インターネット銀行の中でも特に順調に規模を拡大しています。預金残高はもちろん、住宅ローンの累計実行額も2019年4月に5兆円を突破し、驚異的なペースで利用者を増やしています。

 

この記事では、そんな人気の住信SBIネット銀行のネット専用住宅ローンの審査や審査基準について解説したいと思います。住信SBIネット銀行の住宅ローンは低金利と疾病保障サービスの充実ですが、これから申し込みを考えている人が気になるのは、住信SBIネット銀行の住宅ローン審査は厳しいのか、甘いのかだと思いますので、そのあたりにも詳しく触れて解説したいと思います。

(住宅ローンの審査基準は一般的に公表されていませんので、解説にあたっては住信SBIネット銀行の公式サイトで公表されている商品概要説明書やよくある質問(Q&A)に記載されている情報を引用しながら、できるだけ正確な情報をお届けできるように留意しています。)

続きを読む

住信SBIネット銀行 住宅ローンの落とし穴とは?

2007年9月に住宅ローンサービスの取り扱いを開始した住信SBIネット銀行は現在メガバンク・都銀につぐ住宅ローンサービス分野でのシェアを有する国内有数の銀行となっています。

2019年4月には住宅ローン取り扱い累計額が5兆円を突破し、現在最も勢いのある住宅ローンサービスと言ってよいでしょう。

住信SBIネット銀行の住宅ローンはネット経由で申し込みが必要な住宅ローンですが、都心部の交通路線の大規模な広告を展開しており、通勤途中などの目にされた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

続きを読む