連帯債務とペアローンの住宅ローン審査について 

住宅購入を検討する際に単独債務者では住宅ローンの借入が難しい場合に連帯債務とすることで契約するケースがあります。

 

これは単独債務者に連帯して保証をする連帯保証ではなく、2人が同じ債務を負って一緒に返済していくものです。

 

金融機関側としては、主たる債務者と従たる債務者のどちらにも同様に請求ができることとなっています。従たる債務者のメリットとしては住宅ローンの控除をうけることができます。

 

続きを読む

「建築確認」と住宅ローン審査

マイホームはいくら土地を持っているからと言って勝手に好きなように建てられるというわけではありません。

 

例えば、火事になりにくいような基準を満たすような防災の関係上、都市計画の関係上、様々な法律の規制をクリアしておく必要があります。

 

そういった様々な法律の規制を「クリアしていますよ。問題ないですよ。」とお墨付きをくれるのが建築確認です。

 

続きを読む

住宅ローン審査における勤続年数、年齢、健康状態について

家は住宅ローンを借り入れて購入する方がほとんどだと思います。高額な買い物ですのでなかなか一括で支払える場合は少ないでしょう。住宅ローンを借りるには審査を受け、その審査に通らなければ借り入れができません。

しかし肝心の審査の細かい内容は公にされることはなく、一部が明確に提示されているに過ぎません。今回は審査の基準としてホームページなどで明確に提示されている勤続年数、年齢、健康状態についての基準を主要ネット銀行を中心に確認して住宅ローン審査に備えましょう。

続きを読む

フラット35・フラット20の金利推移は?今後の金利はどうなる?

このページではフラット35・フラット20の過去の金利推移と今後の金利動向を予想しています。

住宅金融支援機構がフラット35に影響を与える債権の利回りを毎月決定しています。この利回りを確認すると翌月のフラット35・フラット20の金利を予想できます。
これまでの利回りとフラット35・フラット20の金利の関係を確認しつつ、2019年6月19日に発表された債権の利回りと2019年7月の金利を予想してみました。
2019年7月はフラット35・フラット20の金利は歴史的な低い金利となりそうです。

続きを読む

フラット35の審査基準 通らない、落ちた理由とその対策

フラット35は住宅金融支援機構という国の機関と民間の金融機関が提携して提供される長期固定金利の住宅ローンです。

フラット35を扱う金融機関は国内に330余りありますが、原則フラット35を貸し出した後は、債権を住宅金融支援機構が金融機関から買い取るため、フラット35の審査基準は住宅金融支援機構が各金融機関に提示しています。

住宅金融支援機構は、営利目的である民間の住宅ローンとは異なり、公的な機関で国民に低利のローンを貸し出し、優良な住宅の取得を手助けしています。

また、フラット35は団体信用生命保険の加入が強制ではないため、持病などの既往症で保険加入が認められない場合でも申込ができるという特徴があり、住宅ローンの審査基準も民間金融機関の住宅ローンとはまったく異なります。

そのため、フラット35は日本国内で最も住宅ローン審査基準が緩い住宅ローンといっても過言ではなく、住宅ローン審査に不安がある方は申し込むべき住宅ローンです。今回はその理由を解説します。

続きを読む

年収100万円の人におすすめの住宅ローンとは?

年収100万円台だと、マイホームを手にすることは不可能と思われていませんか?住宅ローンの審査に落ちるに決まっている、住宅ローンを組めるはずがないと思い込んでしまっている人は想像以上に多くいらっしゃるようです。結論としては、決してそんなことはありません。年収100万円台でも住宅ローンが組めたというケースはたくさんあります。

 

特に年収100万円台の方には公的な住宅ローンであるフラット35の利用をお勧めしています。
続きを読む

「登記事項」と住宅ローン審査

住宅ローンを利用するうえで、必ず必要となる登記の手続き。

今まで「登記」なんて知らずに過ごしていた人でも、住宅購入をするときには避けて通ることはできません。

続きを読む

三井住友銀行 住宅ローンの審査基準

三井住友銀行のロゴ画像です

三井住友銀行は三菱UFJ銀行、みずほ銀行と並ぶメガバンクの1つで日本を代表する銀行の1つです。

三井住友銀行の住宅ローンは、従来型の商品が多いものの、最近ではWEB申込専用住宅ローンをはじめていますし、自然災害に被災した際に住宅ローンの返済が一定期間免除される「自然災害時一部返済免除特約」や、夫婦のどちらかが死亡・高度医療の状態になった時に保険金がおりる団信「連生団体信用生命保険付 住宅ローン(クロスサポート)を提供するなど住宅ローンなど、様々なニーズに対応する住宅ローンにも力をいれています。

そんな三井住友銀行の住宅ローン審査はどのようなものでしょうか。

続きを読む

楽天銀行 住宅ローンのメリット・デメリット・落とし穴とは?

日本最大のIT企業である楽天グループに属する楽天銀行はイーバンクを前身としており、日本政府が100%出資している住宅金融支援機構と協力し「フラット35」を提供しています。
フラット35は国内でメガバンク・地銀など300あまりの金融機関が提供をしていますが、楽天銀行は2016年度にみずほ銀行を抜き、銀行業界におけるフラット35取り扱い件数1位となっています。

2016年度の実績ですとフラット35で住宅ローンを組む方のうち10人に1人程度の割合で楽天銀行を選んでいます。

フラット35において銀行業界でNo.1の人気・実績をもつ楽天銀行ですが、多くのメリットがあることでこうした実績に結びついて言えると思われますが、落とし穴やデメリットはないのでしょうか?

同じ住宅ローンでも契約する方により向き・不向きがあったりするものです。しっかりと落とし穴やデメリットを把握しておくことで楽天銀行のフラット35を賢く活用してみてはいかがでしょうか。

楽天銀行の公式サイトをまずは確認したいという方はこちらはらアクセスいただけます https://www.rakuten-bank.co.jp/home-loan/

 

続きを読む