住信SBIネット銀行の住宅ローンのキャンペーンコード/2023

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ネット銀行の中でも特に住宅ローンの取扱量が多いのが住信SBIネット銀行です。

 

住信SBIネット銀行は2022年10月に住宅ローンの融資実行金額(取扱累計額)が8兆5,000億円を超えていて、インターネット経由だけでなく、SBIマネープラザや自社のローンプラザなどの店舗や不動産業者との提携など幅広いチャネルで積極的に住宅ローンを営業することで順調に住宅ローンの利用者を拡大しています。その規模は地銀最大手の横浜銀行をはるかに越えており、日本を代表する住宅ローンの一つと言ってもよいでしょう。

 

また、住信SBIネット銀行では定期的に金利引き下げやキャッシュバックを行う住宅ローンのキャンペーンを頻繁に実施していますが、2023年1月12日時点で当サイトの編集担当が確認した限りでは、キャンペーンコードを入力する必要がある住宅ローンのキャンペーンの実施は確認できませんでした。

 

ただし、いつそのようなキャンペーンを開始するかわからないので、申し込み前に最新のキャンペーンの実施状況を確認しておくようにしましょう。

 

住信SBIネット銀行の住宅ローンのキャンペーンコードの確認はこちら

 

 

住信SBIネット銀行の住宅ローンのキャンペーン

借換え限定で変動金利を引き下げ

このキャンペーンは終了しているか期限に間に合わない可能性があります。

住信SBIネット銀行では2022年3月31日までの期間限定で借り換え時の変動金利を年0.410%(通期引下げプラン)とするキャンペーンを行っていました。

 

なお、新規購入時、変動金利以外の金利タイプは金利引き下げキャンペーンの対象外で、通常、借り換え時の変動金利は年0.428%(通期引下げプラン)が年0.410%(通期引下げプラン)まで引き下げになるキャンペーンとなっていました。

※住宅ローンの金利は変わる可能性があります

このキャンペーンは終了しているか期限に間に合わない可能性があります。

 

金利を最大年0.03%引き下げ

住信SBIネット銀行が2020年10月から開始しているのが、大株主でもある三井住友信託銀行の金融商品を申し込むと最大年0.03%の金利引き下げが受けれるキャンペーンです。このキャンペーンは、期間は定められていますが延長を繰り返しているので、実質的には恒常的に行われるサービスと言えます。

 

なお、このキャンペーンはキャンペーンコードの入力は不要です。申込時に専用申込キットを使って手続きすることで対象になります。

住信SBIネット銀行の住宅ローン金利引き下げ(三井住友信託銀行との連携)

 

このキャンペーンは終了しているか期限に間に合わない可能性があります。

ミライノ カード(JCB)GOLD/PLATINUM入会で1万ポイントプレゼント

もう1つ実施中なのが、住信SBIネット銀行の住宅ローンを利用中の方のミライノ カード(JCB)GOLD/PLATINUM入会で1万ポイントのキャッシュバックが受けれるキャンペーンです。

ミライノ カード(JCB)GOLD/PLATINUMの年会費は3,300円(税込)なので、ゴールドカードに興味がある場合には合わせて入会申し込みをすると良いでしょう。

住信SBIネット銀行の住宅ローン契約でミライノカード(JCB)GOLD/PLATINUM申し込みでキャッシュバックキャンペーン

このキャンペーンは終了しているか期限に間に合わない可能性があります。

 

無料の全疾病保障

キャンペーンではありませんが、住信SBIネット銀行では全疾病保障という無料で疾病保障が付帯するサービスを提供しています。

 

全疾病保障は精神疾患をのぞく病気やケガなどすべてを保障するもので幅広い病気やケガに対応した保障があることがメリットです。

 

ただし、保障の適用条件は厳しめです。例えば、auじぶん銀行ががんと診断されるだけで保障(住宅ローン残高の50%)されますが、住信SBIネット銀行の全疾病保障は働けない状態が1年経過しないと保障されません。

 

特に8疾病以外の病気や怪我では入院で就業不能であることが条件です。病気や怪我で1年働けずに入院するケースはかなりレアケースなので、適用条件はかなり厳しいと考えておくようにしましょう。

 

住信SBIネット銀行の住宅ローンの全疾病保障

 

住信SBIネット銀行の住宅ローンの詳細はこちら

住信SBIネット銀行の住宅ローンの関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。