年収300万円の住宅ローン審査基準とは?

住宅ローンは年代別では30代での申込が多い金融商品ですが、国税庁が行っている平均給料調査結果のうち「民間給与実態統計調査」によれば、30代前半(30歳~34歳)の平均年収は約380万円、30代後半(35歳~39歳)は約420万円となっています。

つまり、年収300万円台は、30代前半であればちょうど平均付近ですし、30代後半だとしても平均をやや下回る程度(人数分布では平均以上)です。

続きを読む

年収200万円の住宅ローン審査基準とは?

年収20年収200万円台で住宅ローン審査に通らず、マイホーム購入はできないと諦めていらっしゃいませんか?住宅ローンの審査基準で年収を200万円以上としている銀行は存在し、実際に住宅ローンが組めたという方も多くいらっしゃいます。

この特集ページでは、年収200万円で住宅ローンいくら借りれるか、適正な借り入れ限度額の解説と、おすすめの住宅ローンについて解説しています。

続きを読む

住信SBIネット銀行のフラット35の審査基準

住信SBIネット銀行

この特集ページでは、大手ネット銀行の住信SBIネット銀行が取り扱うフラット35の審査基準などについて解説しています。

住信SBIネット銀行のフラット35は金利は業界最低水準なのはもちろん、独自のメリットを提供している点が特徴です。審査基準は通常のフラット35と同じだと考えておくと良いでしょう。

続きを読む

MR.住宅ローンREAL(SBIマネープラザ)の審査基準

住信SBIネット銀行

MR.住宅ローンREALを提供しているのはネット銀行の住信SBIネット銀行です。SBIマネープラザは全国に店舗展開している金融機関で、SBIマネープラザのスタッフに住信SBIネット銀行の住宅ローンのメリットやデメリットなどを教えてもらうことで、ネット銀行の低金利と店舗相談の安心を両立しているのがMR.住宅ローンREALです。

続きを読む

住信SBIネット銀行の住宅ローンの審査基準

住信SBIネット銀行

住信SBIネット銀行の住宅ローンは、大手地方銀行以上の住宅ローン貸出実績でその動向は他のネット銀行はもちろん、メガバンクグループにも注目されています。この特集ページではそんな住信SBIネット銀行の住宅ローンの審査基準について解説しています。

 

業界最低水準の住宅ローン金利に全疾病保障が無料付帯するネット専用住宅ローン

これは住信SBIネット銀行が、単に業界最低水準の金利で住宅ローンを提供しているからではなくて、全疾病保障を付帯させたうえでの低金利としていることが理由です。最近では、住宅ローン審査にAIを積極的に導入するなど、常に住宅ローン業界の最先端を走っていると言えます。

続きを読む

公務員の住宅ローン審査について

公務員として働く人の為の住宅ローン審査特集

国家公務員、地方公務員、法律関係・経済関係・公安関係・教育関係で働く公務員の方は一般的に住宅ローンの審査では有利とされ、審査に落ちることはあまりないと言われています。

住宅ローンの審査の重要な項目の1つに職業(雇用形態)において有利とされる公務員の方は、それを活用して賃貸目的のマンションを購入して住宅ローンを利用している人も多く存在するほどです。

続きを読む

パート・アルバイトの住宅ローン審査について

一般的に、パート、アルバイトという働き方では一部の住宅ローンを除くと原則的に住宅ローン審査に落ちる可能性が高く住宅ローンを利用できないと言われています。

確かにパートやアルバイトで住宅ローンを利用するのは非常に難しいのですが、100%無理かと言うとそういうわけでもなく、諦める必要もありません。例えば、楽天銀行 フラット35のようにパートやアルバイトでも住宅ローンの審査に通る可能性がある住宅ローンも存在しているからです。

続きを読む

じぶん銀行の住宅ローンの落とし穴とその審査基準とは

じぶん銀行のロゴ

インターネット専業銀行として高い人気を集めているじぶん銀行。じぶん銀行は、通信大手のKDDIと日本を代表するメガバンクの1つである三菱UFJ銀行が共同で出資して設立したインターネット専業銀行です。”じぶん銀行”というちょっと珍しい銀行名ですが、企業背景は他のどのインターネット専業銀行よりもしっかりしているといっても過言ではありません。

日本経済新聞社発表の「第13回金融機関ランキング」における『ネットバンキング』部門では1位に輝くなど外部の評価も高くなっています。

じぶん銀行の評価(日経新聞社)

そんなじぶん銀行は、住宅ローン以外にも次々と新しい銀行サービスの取り扱いを開始しており、普段使いの銀行として使う分には、非常に充実した銀行サービスを既に提供しています。当サイトは住宅ローンの審査や審査基準に関する情報を提供している住宅ローン審査情報サイトですので、この特集では主にじぶん銀行の住宅ローンの商品性や審査基準・落とし穴(デメリット)などについて紹介させていただきます。

続きを読む

スポーツ選手の住宅ローン審査

スポーツ選手は、普通のサラリーマンと比べて、何かとリスクが多い職業と銀行は考えるでしょう。このため本ページでは住宅ローン審査においてスポーツ選手について銀行がどのような前提で審査を行い、どの点に力点を置いて審査を行うのか、審査対策やスポーツ選手にオススメの銀行を解説していきたいと思います。
なお、年齢、健康状態、信用情報、住宅の価値・評価など審査項目は職業ごとに違いはないため本ページでは割愛します。

 

スポーツ選手の方でもOK!人気の住信SBIネット銀行のフラット35。フラット35からの借り換えも可。

続きを読む

派遣社員・契約社員の住宅ローンの審査について

厚生労働省の直近の統計によると派遣社員および契約社員として働く人は400万人以上存在していて、日本の勤労者全体の7-8%程度を占めるとされています。

 

特にこの20年余りで非正規雇用が急激に増えている一方で、正社員など正規雇用を前提として住宅ローン審査基準などで金融機関が対応できないのが実態と言えるでしょう。

これはフルタイム勤務で働く派遣社員や契約社員にも同じことが言えます。

続きを読む