スポーツ選手の住宅ローン審査について

スポーツ選手は、普通のサラリーマンと比べて、収入の上下が激しいだけでなく、何十年も収入を維持するのが難しいとされています。長い期間をかけて安定的に返済してもらう必要がある住宅ローンの審査においては、スポーツ選手はリスクが多い職業と見做されがちです。

このページでは住宅ローン審査においてスポーツ選手について銀行がどのような前提で審査を行い、どのような点を重視して審査を行っているのか審査対策やスポーツ選手にオススメの銀行を解説していきたいと思います。

なお、年齢、健康状態、信用情報、住宅の価値・評価など審査項目は職業ごとに違いはないため本ページでは割愛します。

 

続きを読む

au住宅ローンの審査基準について

au住宅ローンセット割(au住宅ローン)は、2021年2月28日(日)をもって新規受付を終了しています。

 

auスマホユーザー向けの住宅ローン

au住宅ローンは、auユーザー向けに特典がセットされた住宅ローンです。

 

続きを読む

新生銀行の住宅ローン ご請求コード・連絡欄とは?/2021年最新

新生銀行

このページでは新生銀行の住宅ローンの申し込み画面(マイページ)に入力欄が用意されている「ご請求コード」「連絡欄」の利用方法について解説しています。

新生銀行のご請求コード

住宅ローンの請求コードは入手できる?

2021年2月2日の当サイトの調べでは、新生銀行が住宅ローンでご紹介コードや連絡欄への入力が必要で、誰でも参加できるキャンペーンの実施は確認できませんでした。

※ただし、新生銀行が広告を出している広告や友人紹介キャンペーン、企業との提携など、特定の条件を満たしている人だけに限定したキャンペーンなどを実施している可能性はありますのでご了承ください。

続きを読む

クラウドローンとは?評判・くちこみ・審査について解説。ヤミ金とは違う?

クラウドローンとは

クラウドローンとは

 

クラウドローンとは

クラウドローンは新型コロナウイルス感染が拡大する直前2020年1月23日にフィンテックベンチャー企業の株式会社クラウドローンが提供を開始した融資サービスで、簡単に言えば、「こういう理由でこれぐらいの金額を借りたい」という情報を登録すると、クラウドローンに参加している金融機関から融資の提案してもらえると言うサービス内容になっています。

続きを読む

住信SBIネット銀行の住宅ローンの審査基準/審査は厳しい?審査に落ちた場合の対策は?

住信SBIネット銀行

住信SBIネット銀行の住宅ローンは、ネット銀行でもっとも住宅ローンを貸し出している実績があり、他のネット銀行はもちろん、メガバンクなどの他の銀行からも注目を集めている住宅ローンです。

この特集ページでは住信SBIネット銀行の住宅ローンの審査基準について解説しています。住信SBIネット銀行の住宅ローンの審査が甘いのか厳しい、落ちた場合の対策を知りたい人に役立つ情報も解説してきます。

住信SBIネット銀行の住宅ローン

 

業界最低水準の金利に全疾病保障が無料付帯するネット専用住宅ローン

住信SBIネット銀行の住宅ローンが、多くの人に選ばれてきた理由は、住信SBIネット銀行の住宅ローンが、単純に金利が低いからではなく、全疾病保障と呼ばれる「全ての病気やケガ」に備えることができる疾病保障が無料でついてくるためです。

また、住宅ローンの審査方法の改革にも前向きで、今では住宅ローン審査にAIを導入し、審査スピードや審査にかかる人件費の削減などに努めています。

続きを読む

三菱UFJ銀行 住宅ローンの審査基準

三菱UFJ銀行の住宅ローンは融資残高が14兆円(2018年3月時点)を超えている日本最大の住宅ローンです。

 

豊富な店舗網が武器ですが、最近はインターネットからの住宅ローン申し込みも強化していて、ネット銀行の住宅ローンに対抗する取り組みを打ち出しています。この記事では三菱UFJ銀行の住宅ローンの審査基準について解説しています。

 

続きを読む

ミスター住宅ローンREAL(SBIマネープラザ)の審査基準

住信SBIネット銀行

ミスター住宅ローンREALを提供しているのはネット銀行の住信SBIネット銀行です。SBIマネープラザは全国に店舗展開している金融機関で、SBIマネープラザのスタッフに住信SBIネット銀行の住宅ローンのメリットやデメリットなどを教えてもらうことで、ネット銀行の低金利と店舗相談の安心を両立しているのがミスター住宅ローンREALです。

続きを読む

りそな銀行の住宅ローンの審査基準|本審査・事前審査の日数は?甘い?厳しい?

りそにゃん

この記事ではりそな銀行の住宅ローンの審査基準について解説しています。

 

りそな銀行はネットで申し込む住宅ローンに比較的早く対応していて、数年前からネット専用住宅ローンを取り扱っています。特にネット申込専用の借り換えローンは、ネット銀行以上の低金利でかなり話題になったこともあります。

 

ただし、ネット銀行も黙ってはおらず、すぐに追随され、会社的に無理がある金利水準だったためか、その後は徐々にりそな銀行のネット専用住宅ローンの金利が引き上げられました。

今でも低金利の部類ではありますが、ネット銀行のように無料の疾病保障を充実させるような動きも見られず、ネット銀行の住宅ローンとの差は拡大傾向という印象です。

 

この特集ページでは、そんなりそな銀行の住宅ローンの「審査基準」や「審査にかかる日数」などに着目してりそな銀行の住宅ローンを解説したいと思います。

続きを読む

フラット35・フラット20の金利推移は?今後の金利はどうなる?

このページではフラット35・フラット20の過去の金利推移と今後の金利動向を予想しています。

住宅金融支援機構では、フラット35の金利に連動する債権の条件を毎月20日前後に発表しています。その債券の利回りを参考にすることで、翌月のフラット35・フラット20の金利を予想できます。

 

最初にフラット35の金利推移を確認しておきましょう。

 

続きを読む

楽天銀行 住宅ローンのメリット・デメリット・落とし穴とは?

日本最大のIT企業である楽天グループに属する楽天銀行はイーバンクを前身としており、日本政府が100%出資している住宅金融支援機構と協力し「フラット35」を提供しています。
フラット35は国内でメガバンク・地銀など300あまりの金融機関が提供をしていますが、楽天銀行は2016年度にみずほ銀行を抜き、銀行業界におけるフラット35取り扱い件数1位となっています。

2016年度の実績ですとフラット35で住宅ローンを組む方のうち10人に1人程度の割合で楽天銀行を選んでいます。

フラット35において銀行業界でNo.1の人気・実績をもつ楽天銀行ですが、多くのメリットがあることでこうした実績に結びついて言えると思われますが、落とし穴やデメリットはないのでしょうか?

同じ住宅ローンでも契約する方により向き・不向きがあったりするものです。しっかりと落とし穴やデメリットを把握しておくことで楽天銀行のフラット35を賢く活用してみてはいかがでしょうか。

楽天銀行の公式サイトをまずは確認したいという方はこちらはらアクセスいただけます https://www.rakuten-bank.co.jp/home-loan/

 

続きを読む