住宅ローン審査の物件の価値・評価について

住宅ローンの審査は借り入れ希望者に対する審査以外に物件に対する審査もあります。これは住宅ローンの返済が滞ってしまったときに、金融機関があらかじめ土地と建物に設定した抵当権を実行して土地と建物を処分し、資金を回収するためです。

今回は住宅ローン審査のときの物件の評価について確認しましょう。

続きを読む

マイナス金利は住宅ローン金利にどう影響するか?

2016年2月以降の日銀のマイナス金利政策は大きな衝撃を与えました。

テレビや新聞などニュースで大きく取り上げられましたし、金利が低下したことで預金金利が低下しそれを受けた銀行の収益悪化が現在でも問題となっています。その一方で住宅ローンでお金を借りる場合には過去最低水準まで低下しているため大きなメリットとなっています。

このマイナス金利は日銀が行っている金融緩和政策の1つで、現在はマイナス金利から長短金利操作付き量的・質的金融緩和が行われています。

このマイナス金利を含めた金融緩和政策とはどんなものなのか。そしてそれが住宅ローン金利にどのような影響を与えるのかを考えてみましょう。

きっと今後住宅ローンの利用を検討している方のためになるはずです。

続きを読む

JA(農業協同組合)の住宅ローンの審査基準とは

JAロゴ

JAは、農業者(農民又は農業を営む法人)によって組織された協同組合で、農業に従事する人がお互いを助け合うために資金を出し合ってつくった協同組合です。様々な意見がありますが、通常の法人とは違って営利目的ではありません。

まず、JA住宅ローンは、農業協同組合(JA)・信用農業協同組合連合会・農林中央金庫が運営する金融機関であるJAバンクが提供しています。利用にはJAへの出資が必要だったり、基本的には農業に従事する人の為に提供されている住宅ローンと言えます。

続きを読む

住宅ローン借り換えとは?メリット・デメリットとは?

ここ数年の低金利を受け、住宅ローンの返済額を減らすために、住宅ローン借り換えを行う人が増えています。

住宅ローンの金利も低金利が続いていて、変動金利では0,5%を下回り、10年固定金利でも0.6%を下回る金融機関もあるほどです。

5-10年ほど前では想像できない低金利です。住宅ローンの借り換え手続きは面倒なものですが、多少の面倒があっても借り換えを行う人が多くいるのは当然の結果と言えるでしょう。

 

続きを読む

年収300万円の住宅ローン審査基準とは?

住宅ローンは年代別では30代での申込が多い金融商品ですが、国税庁が行っている平均給料調査結果のうち「民間給与実態統計調査」によれば、30代前半(30歳~34歳)の平均年収は約380万円、30代後半(35歳~39歳)は約420万円となっています。

つまり、年収300万円台は、30代前半であればちょうど平均付近ですし、30代後半だとしても平均をやや下回る程度(人数分布では平均以上)です。

続きを読む

住信SBIネット銀行のフラット35の審査基準

住信SBIネット銀行

この特集ページでは、大手ネット銀行の住信SBIネット銀行が取り扱うフラット35の審査基準などについて解説しています。

住信SBIネット銀行のフラット35は金利は業界最低水準なのはもちろん、独自のメリットを提供している点が特徴です。審査基準は通常のフラット35と同じだと考えておくと良いでしょう。

続きを読む

HISがネット銀行に参入か?

HISロゴ画像

旅行代理店大手のHISが2018年12月11日に、銀行業への参入を検討していることを発表しました。最近ではLINEが銀行業に参入することを発表して話題を集めました。

2018年にはローソン銀行やGMOあおぞら銀行が開業し2~3年の準備期間を経て新しい銀行がしています。

HISが想定しているのは店舗を持たないインターネット銀行とのことです。今のところ全貌は明らかになっていませんが、HISに旅行を手配するときのクレジット決済手数料を抑えるという小さな狙いしか明らかになっていません。ちょっとそれだけが理由だとするとうまくいく気がしない(途中であきらめるんじゃないかなぁという気がします)ので、現時点では話半分程度で考えておくことで良いのではないかなぁという印象があります。

店舗を展開する銀行は「コストが非常にかかる」とコメントしているようですが、ネット銀行も数十億・数百億円単位でコストがかかるので、相当の目的がなければどこかの銀行と提携した方がましだと思います。なんなら業績不振な地方銀行を傘下に入れても良さそうですが、地方銀行を傘下に収めるという話はなかなか耳にしませんね!

ただ、HISは格安SIMに参入したり、様々な業態に手を伸ばしていますので、銀行とまではいかなくても金融サービスに力を入れる可能性は高そうですね。

住宅ローン減税(控除)が3年延長へ

住宅ローン控除の仕組み

消費税率が2019年10月に8%から10%に引き上げられることに伴う軽減処置として、住宅ローン減税(控除)を現在の最長10年から13年に延長する模様です。

住宅ローン減税は住宅購入は住宅そのものの購入もそうですが、家電製品や家具などの消費につながるため、景気浮揚のために対象が拡大されてきた経緯があります。

今回も住宅エコポイントの復活が決まっていますが、住宅ローン減税の拡大が実施されます。

 

続きを読む