2020年 11月 の投稿一覧

住信SBIネット銀行の住宅ローンのキャンペーンコード/2020・2021

ネット銀行の住宅ローンの取扱い実績が大きいのが住信SBIネット銀行で2020年6月現在で取扱い累計額が6兆円に達しており、ネット経由からの集客だけではなく、ローンプラザなどの店舗展開、不動産業者との提携を積極的に進めています。

住信SBIネット銀行では定期的に金利引き下げ、キャッシュバックなどのキャンペーンを実施しています。

2020年11月27日時点で本編集部が確認したところでは、キャンペーンコードが必要なキャンペーンは実施されていませんでしたが、念のため最新のキャンペーンの有無は下記より確認してください。

 

住信SBIネット銀行の住宅ローンのキャンペーンコードの確認はこちら

 

住信SBIネット銀行が2020年10月から開始したのが、同行に同行に出資している三井住友信託銀行の商品の申し込みで最大年0.03%の金利引き下げが受けれるキャンペーンで、2021年3月31日までの本申し込みに対して適用されるものです。

このキャンペーンにはキャンペーンコードは不要で、専用申込キットを申し込んで手続きを行う必要があります。

住信SBIネット銀行の住宅ローンのキャンペーン

 

住信SBIネット銀行の住宅ローンの全疾病保障

住信SBIネット銀行の住宅ローンの人気の要因の1つである、全疾病保障です。

全疾病保障は精神疾患をのぞく病気やケガなどすべてを保障するものであり幅広い保障が受けれることメリットです。

しかし、落とし穴としては保障の適用条件が挙げられます。auじぶん銀行ががんと診断されるだけで保障(住宅ローン残高の50%)が受けられる一方、住信SBIネット銀行の全疾病保障は働けない状態が1年経過しないと保障が受けれません。とくに8疾病以外の病気や怪我では入院で就業不能であることが条件です。病気や怪我で1年働けない、入院しているというのはかなり適用条件が厳しいと言ってよいでしょう。

全疾病が全ての病気や怪我を保障してくれる一方で、1年以上の入院や就業不能を条件としているなど実際にその保障を受けるハードルが低くはないのが実情です。

住信SBIネット銀行の住宅ローンの全疾病保障

住信SBIネット銀行の住宅ローンの詳細はこちら

三菱UFJ銀行 住宅ローンの審査基準

三菱UFJ銀行の住宅ローンは融資残高が14兆円(2018年3月時点)を超えている日本最大の住宅ローンです。

 

豊富な店舗網が武器ですが、最近はインターネットからの住宅ローン申し込みも強化していて、ネット銀行の住宅ローンに対抗する取り組みを打ち出しています。この記事では三菱UFJ銀行の住宅ローンの審査基準について解説しています。

 

続きを読む

ミスター住宅ローンREAL(SBIマネープラザ)の審査基準

住信SBIネット銀行

ミスター住宅ローンREALを提供しているのはネット銀行の住信SBIネット銀行です。SBIマネープラザは全国に店舗展開している金融機関で、SBIマネープラザのスタッフに住信SBIネット銀行の住宅ローンのメリットやデメリットなどを教えてもらうことで、ネット銀行の低金利と店舗相談の安心を両立しているのがミスター住宅ローンREALです。

続きを読む