税金の滞納について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

税金の滞納は住宅ローンの審査にどのような影響を与えるか

納税は日本国民の義務なので、決して未納や納税延滞があってはならないものですが、自営業を営んでいると資金繰り上、納税期限までに納税できない事態に陥ったりしますし、転職時の手続きの都合で住民税を一括納付するケースでは高額になり、過去に納税遅延を経験したことがある人は一定数いらっしゃると思います。

 

公務員やサラリーマンであれば所得税・住民税は源泉徴収されますので、普通に生活しているうえでは未納になることはありません。もっとも多いのが自営業を営んでいる人であったり、過去に自営業を営んでいた人です。

 

今現在、自営業を営んでいる人が住宅ローンの申込みを行う為に揃えなければならない書類に納税証明書があります。納税証明書には、未納の金額や延滞税などが明記されてしまいますので、そのような証明書を金融機関に提出しても住宅ローンの審査が通ることはありません。つまり、税金の滞納は、住宅ローンの審査に大きな影響を与えると考えておいた方が良いでしょう。

 

CICなどの信用情報機関には税金の滞納は記録されない

現時点で税金の滞納がある場合、住宅ローンの審査には大きな影響(影響というよりも審査に落ちる)を与えるわけですが、過去の税金の滞納はCICなどの個人信用情報には記録されないこととされています。つまり、現時点でクリーンな状態になっていれば、過去の滞納などの情報を金融機関が知りえないことになりますので、マイナスにならない可能性がある、と考えることができます。

 

ただし、長期の滞納は銀行口座が差し押さえられることにもつながります。差し押さえられた銀行で住宅ローンを申し込むのは、もはや無謀な行為ですし、どこでどのような形で金融機関が情報を得るかわかりません。

 

基本的には現時点でクリーンな状態にさえなっていれば、住宅ローンの審査で問題になる可能性の低い税金の滞納実績ですが、(当然)そのようなことにならないよう、特に自営業の方は注意しておく必要があります。

 

お堅いイメージしかない税務署や市区町村ですが、私たちが思っている以上に税務に関する相談にのってくれますので、納税に関して不安や相談がある場合は、気兼ねせずに公的機関に相談することが何よりも重要になります。

 

住宅ローンは毎月計画的に返済を続けていかなければなりません。税金もしっかり払えない用では、住宅ローンの返済も苦労することになってしまいますので、ご自身のライフスタイル、マネープランをしっかりと見直したうえで、住宅ローンの申込みを行うようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加