申込み、審査、借入れまでの流れについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

住宅ローンはローン審査の中でも最も厳しいものです。
その理由は借り入れる額が大きいことと返済期間が長いため、返済を続けていくことができるのが、そもそも返済が可能なのかを慎重に見極めるためです。

住宅ローンの審査というと通るのか不安になってしまいますが、マイホームを購入するには利用するには住宅ローンを利用する方が大半でしょうし、すでに借入を行い返済を続けている方が大勢います。気軽に申し込んでみるのが良いかもしれません。

今回はこの住宅ローンを借りるまでの流れを把握しましょう。

申込み、審査、借入れまでの流れについて

住宅ローンの申込から審査、そして実際に融資(振込み)が行われるまでの流れをご存知でしょうか?多くの銀行、金融機関では本審査前に仮審査という手続きがあります。

1.仮審査申込
2.銀行による仮審査
3.銀行から仮審査の結果を受け取る
4.正式審査申込(必要書類を提出)
5.銀行による正式審査(提出書類に基づき審査)
6.銀行から審査の結果を受け取る
7.契約手続(必要書類への捺印、司法書士との面談など)
6.融資実行

 

銀行により仮審査から融資実行までに必要な期間は変わりますが、最短でも1ヶ月は掛かると考えましょう。

ネット専業銀行の場合、ネット上や電話での手続きとなるため書類の不備なども発生しやすくなります。

このため、仮審査は時間に余裕を持って行うべきでしょう。

仮審査が通ったからと言って、必ず借り入れをしなければならないという訳ではありません。

時間に余裕がなく、悪い条件で借り入れを行わざるを得ないという状況は避け、早目の仮審査申込を心がけましょう。

 

なお、新生銀行には仮審査という手順がなく、本審査からスタートとなるため、他の銀行と比べて1週間程度早く融資が受けられる可能性があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加