年収400万円の住宅ローンの審査基準とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この特集ページでは年収400万円~の人のための住宅ローンの審査基準などについて解説しています。

年収400万円台の方の住宅ローン審査対策とは?

年収が400万円あれば住宅ローン審査に通るのか?審査に通るとしても住宅ローンが組めるの?と心配はつきません。

ご自身の借り入れ希望額は2000万円でしょうか、2500万円でしょうか、3000万円でしょうか、3500万円でしょうか。

年収400万円あれば年収面での審査基準が厳しいソニー銀行でも利用可能ですし、基本的にはほとんどの金融機関で住宅ローンを利用できる可能性があります。

選択肢が広いと逆に悩みも増えることもありますが、各金融機関の住宅ローン審査基準を把握してより条件の良い住宅ローンを選ぶようにしましょう。

 

年収400万円台だと住宅ローンはいくら借りれるのか?上限額は?

一般的に年収に対して6倍程度までの借り入れが可能と言われていますが、もう少し詳細な借り入れ可能額の算出を行うには、日本政府の機関でフラット35を提供している住宅金融支援機構が公表している返済負担率を用いて計算するとよいでしょう。

 

返済負担率は年収450万円の方がローン返済に年間450万円充てると返済負担率が100%、45万円充てると返済負担率10%という形で計算されます。

住宅金融支援機構が定める返済負担率ですと、400万円以上500万円未満の方は35%が上限となります。年収450万円の方ですと 月々の住宅ローン返済金額で計算すると131,250円が上限となります。

年利1%の住宅ローンを35年返済で借り入れた場合のシュミレーションでは借り入れ可能額は4,640万円となります。
※元利金等返済でボーナスでの返済なし。

なお、返済負担比率には住宅ローン以外のローンの返済も加味した金額が利用されますので、たとえば自動車ローンで毎月1万円の返済を行っている場合には、住宅ローンの返済金額は121,250円(借り入れ可能額は4,286万円)が住宅ローンの限度額となります。

年収400万円台と言っても幅が広いので、年収20万円刻みの借り入れ上限をご紹介したいと思います。

年収 月々の返済額 借り入れ上限
400万円 116,600円 4,109万円
420万円 122,500円 4,321万円
440万円 128,000円 4,534万円
460万円 134,100円 4,640万円
480万円 140,000円 4,959万円

※前提条件:元利金等返済でボーナスでの返済なし。

年収400万円台の方でも頭金なしでも2000万円、2500万円、3000万円、3500万円程度の住宅ローンを組むことは可能そうです。

他にローンが無い場合には4,000万円程度の借り入れも可能な計算ではありますが、「年収」は税引き前の数字ですので、実際の月々の手取りから計算して毎月12万円、13万円の返済が可能なのかしっかりとした判断が必要となるでしょう。

年収400万円台ですと住民税、所得税、厚生年金、健康保険量などで年収の20%程度は差し引かれるため、年収400万の方の手取りは年320万円程度となります。ボーナスなしの年俸制と計算しても、月々の手取り収入は27万円弱ですので、そこから11万円の住宅ローン返済はかなり厳しいと想定されます。

 

頭金について

頭金を多く貯めておくことは、返済負担比率を低めにしておくなどは銀行の審査対策になるだけではなく、借り入れ後の返済計画にも大きな影響を与えます。家族との生活を守るという意味でも、しっかりと頭金は準備しておくと良いでしょう。

年収400万円台審査に通りやすい?おすすめの住宅ローンは?

楽天銀行

日本最大のEコマースグループ、楽天グループで安心のサービス。融資事務手数料を含めた実質金利でフラット35最低金利を実現!

楽天銀行のフラット35の詳細はこちら

 

じぶん銀行

三菱UFJ銀行とKDDIが出資するインターネット専業銀行が提供するネット完結型の新しいカタチの住宅ローン。がんと診断されたら住宅ローン残高が半分になる保障つき。

じぶん銀行の詳細はこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加