住宅ローン審査における勤続年数、年齢、健康状態について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

家は住宅ローンを借り入れて購入する方がほとんどだと思います。高額な買い物ですのでなかなか一括で支払える場合は少ないでしょう。住宅ローンを借りるには審査を受け、その審査に通らなければ借り入れができません。

しかし肝心の審査の細かい内容は公にされることはなく、一部が明確に提示されているに過ぎません。今回は審査の基準としてホームページなどで明確に提示されている勤続年数、年齢、健康状態についての基準を主要ネット銀行を中心に確認して住宅ローン審査に備えましょう。

住宅ローンには「安定した収入」が必要

住宅ローンの審査では「安定的な収入」があるかどうかが重要視されます。そのため契約者がどのような会社に何年努めているのか(勤続年数)、更に年齢や健康状態についても判断されます。

各銀行が定める勤続年数については3年以上というのが平均的な基準ですが、3年未満でも勤務先企業がしっかりしていると判断されれば転職後時間が経っていなくても審査が通ることはあります。また、業界については安定して給料が受け取れる業界、企業に勤めているかが判断材料となるでしょう。

そのため自営業者、中小企業勤務の場合には、大企業勤務の人に比べると審査は厳しくなると思われます。また、意外なことですが、会社のオーナー、代表取締役社長、役員は住宅ローン審査においては不利になります。

住宅ローン審査においては、「安定的な収入」があるかという点を重視して審査しているためです。会社のオーナー、代表取締役社長、役員は給料をもらう側ではなく、支払う側であるため不利に扱われます。

主要ネット銀行の勤続年数の基準

銀行ごとの勤続年数を一覧にしているので、こちらを確認してください。

金融機関 勤続年数
じぶん銀行 条件なし
新生銀行 2年以上
楽天銀行 金利選択型 条件なし
楽天銀行 フラット35 条件なし
イオン銀行 会社員6ヶ月以上、自営業者3年以上
りそな銀行 1年以上
住信SBIネット銀行 条件なし
ソニー銀行 条件なし
ARUHI(旧SBIモーゲージ/フラット35) 条件なし

「収入が安定した人」という条件であれば勤続年数も長いほうが好まれますが、特別な条件がないという金融機関が多くなっています。ただ、やはり転職したばかりの方や独立したばかりの人よりは勤続年数が長い人のほうが審査は通りやすくなるでしょう。住宅ローンの申込にの場合には最低でも1年以上の勤続期間があったほうが良いかもしれませんね。

年齢について

各銀行が定める年齢制限についても異なっています。多くの場合は完済時の年齢を定めている場合が多いでです。
各銀行が定める年齢についてまとめました。

金融機関 借入れ時年齢 完済時年齢
じぶん銀行 満20歳以上満65歳未満 満80歳未満
新生銀行 満20歳以上満65歳未満 満80歳未満
楽天銀行 金利選択型 満65歳6ヶ月未満 満80歳未満
楽天銀行 フラット35 満70歳未満 満80歳未満
イオン銀行 満20歳以上満71歳未満 満80歳未満
りそな銀行 満20歳以上満70歳未満 満80歳未満
住信SBIネット銀行 満20歳以上満65歳未満 満80歳未満
ソニー銀行 満20歳以上満65歳未満 満80歳未満
ARUHI(旧SBIモーゲージ/フラット35) 満70歳未満 満80歳未満

どの金融機関も完済時年齢が満80歳未満としているのは、住宅ローンに必須となっている団信(団体信用生命保険)は80歳までが加入可能な年齢だからです。

そのことから35年返済で住宅ローンを借りる場合には45歳がリミットになることがわかります。
仮に45歳を過ぎても完済時の年齢を80歳未満になるように返済期間を調整すれば住宅ローンを借りることが可能ですが、この場合には退職後もローンの返済を行うことになるので、退職後の返済をどうするのかを考えておく必要があります。それまでの貯蓄や年金、退職金などから返済していくことを考えておきましょう。

理想としては現役で働いている間にローンを完済してしまうことですが、退職時の年齢を65歳とすると30歳までに借り入れることになります。30歳以降に借り入れても、繰り上げ返済などを行えば返済期間を短縮することができます。

「老後は2000万円以上の費用」が必要と言われている昨今、退職後のライフプランなどを立てやすくするためにも何歳でローンを完済するのかを意識して借り入れる必要がありそうです。

健康状態について

健康状態については各銀行の指定する団信(団体信用生命保険)に加入することが必須であるため、持病、健康状態、病歴などにより団信に加入できず住宅ローンの借り入れができない場合があります。

これは住宅ローン借入者が死亡した場合に団信より住宅ローン残高が弁済され、残高がゼロになるという特性を持っているためです。借り入れ希望金額によっては、保険会社所定の診断書の提出が必要になる場合があります。

健康面に不安があり、団信に加入できないときは住宅ローンを諦めるしかないのでしょうか。そんなことはありません。
一部銀行では金利に上乗せした手数料を支払うことで加入条件を緩和したワイド団信に加入できる場合があります。当サイト紹介の銀行では、ソニー銀行が取り扱いをしています。

ワイド団信について詳しく説明したこちらの記事も参考にしてみてください。
住宅ローンのワイド団信とは? 高血圧、糖尿病、うつ病でも利用可能?!

またフラット35は団信への加入が任意のため、健康状態にふあんがある方でも借入が可能になります。更に団信に加入しない場合には加入した場合の金利から0.2%引き下げた金利で借入れが可能になります。楽天銀行のフラット35の申込を検討しましょう。

楽天銀行のフラット35を詳細に解説したこちらの記事も参考にしてみてください。
楽天銀行 住宅ローンのメリット・デメリット・落とし穴とは?

楽天銀行のオリコン顧客満足度No.1のバナーです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加