ろうきん(労金)/中央労働金庫の住宅ローンの審査基準

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ろうきん(労金・中央労働金庫)は、労働組合や生協などの勤労者がお互いを助け合うために資金を出し合ってつくった、営利を目的としない協同組織の金融機関です。
全国に13のろうきんがあり、中央ろうきんは、 茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・東京・神奈川・山梨の関東1都7県を営業エリアにしており、店舗は149に上っています。

今回はこのろうきんの住宅ローンの審査基準を確認しましょう。

ろうきんの住宅ローン審査基準

ろうきんの住宅ローン審査申し込みの条件として特徴的なのは、勤続年数1年以上(同一勤務先)から申し込み可能であり、自営業、契約社員、パートでも一定の条件をクリアすれば対象となります。

また審査申し込みに必要な年収も住宅ローンを扱う金融機関で最低水準とも言える150万円です。
こうしてろうきんの審査基準を見てみると、さすが勤労者のための金融機関と言えます。

このほかにも、親子リレー返済や親子(夫婦)ペア返済などに対応しており、一部繰上返済手数料が窓口でもネットでも手数無料になっています。

 

申込の条件

1 年齢

借り入れ時の年齢が満20歳以上で、最終返済時が満76歳未満であること。

2 勤続年数

同一勤務先に1年以上勤務していること。自営業者などの方は事業開始後3年を経過していること。

3 雇用形態

自営業、契約社員、パートでも一定の条件を満たせば可。

4 年収・収入

安定継続した年収(前年税込み年収)が150万円以上。

5 国籍

日本国籍、または永住許可を受けていること。

資金の用途

自己(または2親等以内の親族)が居住するための

・住宅の新築・購入資金(中古含む)
・新築、中古マンションの購入資金
・住宅、マンションの増改築やリフォーム資金
・住宅用土地の購入資金

融資の期間と金額

融資期間

最長35年間(ただし、最終返済時は満76歳未満)

返済期間35年で住宅ローンを借り入れる場合には最終返済時が万76歳未満ということで借り入れが可能なのは60歳までと考えておきましょう。

融資金額

最高1億円(原則として30万円以上、1万円単位)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加