auじぶん銀行の住宅ローンは派遣社員や契約社員でも借り入れできる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を書いた専門家(フィナンシャルプランナー)
遠藤功二(フィナンシャルプランナー)


遠藤功二(えんどう こうじ)

1級FP(1級ファイナンシャルプランニング技能士)

CERTIFIED FINANCIAL PLANNER、経営管理専攻修了(MBA)

三菱UFJモルガンスタンレー証券、オーストラリア・ニュージーランド銀行にて延べ1,000人以上の顧客の資産運用アドバイスを担当。 現在は独立系FPとして、投資に限らずライフプランニング、保険、住宅などの幅広い分野で相談、講演、執筆業務に携わる。

「自分は派遣社員(または契約社員)だが住宅ローンは借りられるのだろうか」という疑問をお持ちの方は多いと思います。

 

結論から申し上げると、派遣社員、契約社員の方々の住宅ローンの借り入れは、一部の銀行では可能となっています。逆に言えば一部の銀行では借り入れできません。

 

一般的に、派遣社員や契約社員は、正社員よりも雇用の安定が不安視されがちです。会社の業績が悪化した際には、解雇になる可能性が高いと考えられていることなどがその理由です。

このようなネガティブなイメージが先行しているせいか、多くの銀行では派遣社員や契約社員を住宅ローンの対象者から除外しています。

 

そんな中、この記事の主役のauじぶん銀行の住宅ローンは、派遣社員や契約社員の方々も、条件を満たして、審査が通れば利用可能となっています。

 

auじぶん銀行の住宅ローンについて詳しくはこちら

 

この記事では、ネット銀行の中でも人気が高い、auじぶん銀行を例に、派遣社員や契約社員の方が住宅ローンを申し込む際の手順と注意点を解説します。

なお、本記事で使用する雇用契約に関する言葉は下記の意味で使用していることを、予め了解いただければと思います。

 

この記事使用している雇用契約に関する言葉の意味・定義
  • 正規雇用:無期、フルタイム労働の雇用契約のこと。
  • 非正規雇用:正規雇用以外の雇用契約のこと。派遣社員、契約社員を含む。
  • 無期雇用:期間の定めがない雇用契約のこと。
  • 有期雇用:期間の定めがある雇用契約のこと。更新がある有期雇用契約を含む。
  • 派遣社員:派遣会社と雇用契約を結んでいる労働者。
  • 契約社員:勤務先と直接有期雇用契約を結んでいる労働者。
  • 正社員:正規雇用されている労働者。
  • ジョブ型雇用:業務の内容を明確に規定した雇用形態。業務自体が無くなると雇用も終了する。

 

派遣社員や契約社員を取り巻く環境

下記の厚生労働省が公開している参考資料によると、労働者のうち、派遣社員や契約社員を含む「非正規雇用労働者」の割合は、2004年時点では31.4%だったものが、2019年時点では38.3%まで拡大しています。その後、2020年時点の同割合は37.2%に低下していますが、今後のどのような傾向になっていくのかは注目すべき状況となっています。

厚生労働省 「非正規雇用」の現状と課題

厚生労働省データ(非正規雇用の課題)

厚生労働省

 

現在日本では、パートタイム・有期雇用労働法(施行日:大企業2020年4月1日、中小企業2021年4月1日)、労働者派遣法(施行日:2020年4月1日)といった法整備が進み、「同一労働同一賃金」というスローガンの元、正規雇用の労働者と非正規雇用(派遣社員、契約社員など)の、合理的ではない賃金格差を是正する動きがあります。

 

また、有期雇用契約が一定期間を超えた方は、無期雇用契約に転換できる法整備は既になされている一方で、大手企業の一部では、業務の終了と共に仕事を失う可能性がある「ジョブ型雇用」を進める動きがあります。

日本の終身雇用は崩壊した、という一説もあり、どのような雇用形態であれ、生涯における雇用が保証されているわけではありません。

 

このような、終身雇用を前提としない時代の変化が進めば、「正社員」と「派遣社員および契約社員」を分けて考える必要性は、低下していく可能性があることは否定できません。

 

そういった意味では、住宅ローンの対象顧客を正規雇用の方に限定せず、派遣社員、契約社員といった非正規雇用の方々を含んで審査をしているauじぶん銀行の取り組みは先進的だといえます。(審査の結果、どのような雇用形態であれ、住宅ローン審査は落ちてしまうことがあります)

 

auじぶん銀行の住宅ローンに申し込んで審査してもらうこと自体は無料です。また、審査に通過できるかどうかはauじぶん銀行にしかわかりませんので、派遣社員や契約社員の方で、auじぶん銀行の住宅ローンに興味を持った人は、まずは仮審査に申し込んで審査してみてもらうことをおすすめします。

 

住宅ローンの仮審査への申込について詳しくはこちら

 

auじぶん銀行の住宅ローンは派遣社員でも利用可能

 

auじぶん銀行のウェブサイトには、派遣社員の方の住宅ローン申し込みが可能である旨が記載されています。参考として、下記にauじぶん銀行のウェブサイトに記載されている文章を記載します。

Q【住宅ローン】派遣社員ですが、住宅ローンは利用できますか。

A将来に亘り、安定的かつ継続的な収入の見込みがある場合は、お申込みいただけます。ただし、お勤め先以外の情報も含め審査いたします。

(2022年1月10日検索)

auじぶん銀行 【住宅ローン】派遣社員ですが、住宅ローンは利用できますか。

 

契約社員についての言及はありませんが、上記の文章を見る限り、契約社員も「安定的かつ継続的な収入」が見込めるのであれば、申し込みができる可能性はありそうです。

 

また、住宅ローンの商品概要のページを見ても、「ご利用いただけるお客さま」の箇所に特に派遣社員、契約社員の方の利用を除外するような記載はありません。

 

一方で、派遣社員や契約社員の方に住宅ローンの融資を行なっていない銀行のウェブサイトには、大抵の場合、派遣社員や契約社員の方は利用できない旨がしっかりと記載されています。

 

auじぶん銀行には雇用期間が短い方のための審査フローがある

派遣社員や契約社員の方は、職場が変わることが多いと思います。auじぶん銀行では転職後3年未満の方からは、転職前の勤務先や業種がわかる資料、前年以降に勤務先や勤務状況が変わった方からは、直近3ヶ月分の給与明細と直近1年分の賞与明細の提出を求めています。

 

このように、然るべき提出物によりしっかりと審査を行ってもらえることが定められているため、「派遣社員」または「契約社員」の方々も条件を満たして審査が通れば、auじぶん銀行の住宅ローンを利用することができます

 

auじぶん銀行はネット銀行であるため、銀行員の方々の顔はみえませんが、このような顧客の方を見た営業姿勢は好感を持てるものになっています。

 

申し込み前に返済計画を立てる

住宅ローンは、せっかく借りることができても、途中で返せなくなってしまっては元も子もありません。返済計画を立てておくことは、派遣社員、契約社員として働いている方に限らず、必要な作業になります。

収入と雇用継続の見通しを立てる

派遣社員の方は、派遣元の会社の担当者に相談し、年齢と収入金額の推移を相談しておくようにしましょう。現在の業務を年齢が上昇した際に、続けられなくなる可能性がある場合は、別途スキルの研鑽に努める必要があるかもしれません。

または、勤務先に正社員として登用される可能性の有無なども確認しておくと良いでしょう。

 

契約社員の方は、有期雇用が5年超となった時には、無期雇用に変更できる制度がある点を覚えておきましょう。ただし、無期雇用に変更したい場合は、労働者側から申し出る必要があります。

契約社員の方は、雇用契約が更新されない「雇い止め」を懸念されていると思います。

もちろん、有期雇用契約である以上は、契約の更新がない可能性はあります。一方で、合理性のない雇止めは無効となる場合もあるため、雇用契約の内容、社内ルール、法令などは確認をしておきましょう。

 

住宅ローンシミュレーションをしておく

住宅ローンの返済支出は、固定費として家計の負担になります。auじぶん銀行ではウェブサイト上で住宅ローンシミュレーションを行うことができるので、必ず毎月の返済金額を計算しておきましょう。

 

住宅ローンシミュレーションを行う際の注意点として、以下の点が挙げられます。

 

  • 毎月の返済金額は今だけでなく、将来においても過大ではないか
  • 住宅ローンの返済金額以外の支出も見込んでいるか
  • 金利上昇リスクは見込んでいるか

 

60歳以降のように収入が減少する時期まで返済が続く方は、その時期でも返済は苦しくないか、もしくは、収入が減少する時期までに繰上げ返済による完済は可能か、ということを考えておきましょう。

 

また、マンションの管理費や修繕積立金、固定資産税や都市計画税と住宅ローンの返済額を合わせた金額が住宅支出として過大ではないかを検討しましょう。

 

auじぶん銀行の住宅ローン金利は各銀行の中でも、最低ランク水準です。特に変動金利は、低下傾向となっています。日本の金利は結果的に上昇しない状況が長期で継続していますが、念の為、多少金利が上がっても返済に苦しまない程度の借入金額にしておくと安心です。

 

auじぶん銀行の団体信用生命保険(団信)は手厚いから病気の時も安心

「自分のスキルや実績があれば雇用契約の形態に関わらず、一定の収入は得られるだろう」と考えている方でも、怖いのは病気で働けなくなることです。

実は、auじぶん銀行の住宅ローンには、手厚い医療保障付きの団信を付けることができます。

例えば、20歳〜50歳の健康な方であれば、金利上乗せなしで付帯できる「がん50%保障団信」に加入することができます。この団信には、がんになったら残債の半分がなくなる保障が付いています。

さらに、がんに限らず、精神障害を除く病気や怪我で入院が31日以上となった場合には、1ヶ月分の返済は保険金で返済されます。これを「月次返済保障」といいます。その後、入院が30日以上継続するごとに月次返済保障は、毎月続きます。そして、入院が継続180日以上となった際には、残債がなくなります。この保障を「全疾病保障」といいます。

 

脳梗塞などを患うと、入院は2ヶ月以上となることもめずらしくありません。さらに重度の後遺症が残りなかなか退院できない、という事態も想定されます。

 

昨今「がん団信」はめずらしい商品ではなくなりましたが、金利上乗せなしで、入院保障が付いているという点で、auじぶん銀行のがん50%保障団信は多くの方から選ばれています。

 

顧客に選ばれるauじぶん銀行

ここまで述べた通り、auじぶん銀行は低金利と充実した団信を特徴として、2021年オリコン顧客満足度®︎調査住宅ローン金利で第1位となっています。さらに、派遣社員や契約社員といった非正規雇用の方も対象にしているという点で、間口の広い銀行となっています。

また、auじぶん銀行の住宅ローンセンターは問い合わせに対しても、親切に回答してくれるため、少しでも不安がある方は電話で相談をしてみると良いでしょう。

 

auじぶん銀行の公式サイトはこちら

 

(参考文献)

厚生労働省 同一労働同一賃金特集ページ

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000144972.html

 

厚生労働省 都道府県労働局 無期転換ルールのよくある質問(Q&A)

https://muki.mhlw.go.jp/overview/qa.pdf

auじぶん銀行の住宅ローン関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。