auじぶん銀行の住宅ローンでオーバーローンは可能?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

低金利と充実した疾病保障、そして借り入れ後の高い利便性で人気を集めているのがauじぶん銀行の住宅ローンです。

 

この記事ではauじぶん銀行の住宅ローンのオーバーローンをテーマにして解説したいと思います。”オーバーローン”と言うと言葉からは悪い印象を受けますが今の日本の住宅ローン業界では、いわゆるオーバーローン状態の住宅ローンは普通に利用されています。

 

住宅ローンの金利が高い時代は、「住宅ローンを借りるならできるだけ自己資金を用意すべき」という意見が常識でした。利息負担が大きく、少しでも住宅ローンの残高を減らすことが求められた時代だったのがその理由です。

近年のように住宅ローンの金利が低いと住宅ローンの利息負担は相対的に小さくなりますし、住宅ローン控除という仕組みもあるので、自己資金を用意しないで借りたり、諸費用まで借りてオーバーローン状態で借りる人は増えています。

このように、オーバーローン=悪という時代ではなくなっていますが、相対的に利息負担が小さくなっていると言っても、借りる金額が大きくなれば利息額は増えるので、少しでも金利が低い住宅ローンを選ぶことは大切です。

 

オーバーローンとは?

オーバーローンという言葉をそのまま訳すと、「本来借りるべき(借りることができる)金額以上のローンを組むこと」です。なんとなく「悪いローン」という印象を抱く人は多いと思います。

 

悪い印象を持ってしまうのは、「マイホームは欲しい。マイホーム購入資金は住宅ローンで準備できても、それ以外の新生活準備資金が足りない」というような状況にある人に、「本来の売却価格よりも高い値段で買って、その金額で住宅ローンを組めば、差額を別のルートで渡すので手元の資金を増やせますよ」と悪質な営業行為を行っているハウスメーカーがたくさん存在していて問題視された過去の事件、また、住宅ローンの金利が高くて、借入金額が多いと返済額が大きく増える時代の名残りです。

 

特に、不動産会社と購入者が内々に結託して、住宅価格よりも高額の住宅ローンを組むことをオーバーローンと呼ぶことがありこのような行為がばれて金融機関から全額返金請求されてマイホームを手放さなければならなくなった人もいたほどで、当然、褒められた行為ではない借り方をオーバーローンと呼んでいた時代がありました。

 

最近の住宅ローンは、マイホームを購入して新しく生活するためのお金、つまり、不動産会社への手数料や金融機関に支払う各種手数料、引っ越し費用など新居で新しい生活をスタートするための手続きなどを住宅ローンの一部として正式に借りることができるようになっています。

 

”家の価値以上のお金を借りる”ことに違いはないのでオーバーローンと呼ぶことになるのでしょうが、銀行を騙す不正なオーバーローンとは雲泥の違いがあり、上記のような「資金使途」が住宅関連とはっきりしている場合、正々堂々と住宅ローンの中に含むことができる住宅ローンが増えています。

 

auじぶん銀行も諸費用を住宅ローンに組み入れることが可能です。

 

続いて、「オーバーローン・諸費用の借り入れ」について、どのような費用が対象にできるのかauじぶん銀行の住宅ローンを事例として確認していきましょう。

 

auじぶん銀行の住宅ローンのオーバーローンとは?

auじぶん銀行では住宅購入・住宅ローンの利用に関連する諸費用を住宅ローンの金額に含んで借りることができるサービスを提供しています。このサービスを利用することで、不動産会社にも銀行にも誰にも嘘をつくことなく手元資金に余裕を持たせることができるわけです。

 

銀行が審査をして正式に融資してくれるわけですから何の問題もありませんし、先ほど説明した不動産会社と結託して本来のマイホームの購入資金以上の金額の住宅ローンを利用するという方法とは全く違います。ただし、最後のできあがり、つまり、「住宅の価格以上の融資を受けることになる」のは違いませんが。

 

auじぶん銀行の住宅ローンで借り入れできる費用とは?

では、具体的にauじぶん銀行の住宅ローンで借りることができる諸費用を確認していきましょう。auじぶん銀行が定めている「住宅ローンに上乗せして借りることができる諸費用」の一覧は以下の通りです。

 

auじぶん銀行の住宅ローンで借り入れできる諸費用一覧

  • 印紙代(売買契約書などに貼付)
  • 登記にかかる登録免許税
  • 司法書士報酬
  • 土地家屋調査士報酬
  • 住宅ローンの事務手数料
  • 火災保険料
  • 地震保険料
  • 不動産仲介手数料
  • 引越費用

 

金額が大きいのは不動産仲介手数料・住宅ローンの事務手数料・火災保険料などですね。それぞれ数十万円から100万円以上の金額になる可能性もあります。これらを住宅ローンの金額に含んで借りることができれば、ほとんど手元資金を使わずにマイホーム購入と新居での生活を開始することができます

 

オーバーローンを利用する時の注意点

手元資金を使わずにマイホームを購入できるのは大きなメリットですが、借りたお金は返さなければならないので借り入れ後の返済が問題なく行えるかはしっかりと確認するようにしましょう。

目安を確認できるわかりやすい計算式に「住宅ローンの借入金額の上限の目安=年収×6倍」という方法があります。年収600万円であれば住宅ローンは3600万円以内にしてほいた方が良いというように利用します。この金額を大きく超えるようだとせっかくのマイホームが生活の重荷になってしまう可能性もあります。

特にオーバーローンで家を借りると売却しても住宅ローンの残高未満になる可能性が高くなり、マイホームを売っても借金を返せなくなってしまうことがありますので、借り入れ後に問題なく返済を続けていけるかどうかは重要なポイントです。

お金「

 

auじぶん銀行の住宅ローンで諸費用を借り入れる(オーバーローン)メリット

  1. 住宅ローンの金利がとにかく低金利。
  2. 諸費用を借り入れても適用される住宅ローンの金利は変わらない
  3. 一部繰上返済手数料が無料で気軽に繰上返済できるので住宅ローンの残高を減らしやすい

auじぶん銀行は業界最低水準の金利を打ち出しており、金利の低さは総返済額の削減につながるので何よりも大きなメリットです。しかも、頭金がないと金利があがるとか諸費用は貸すけど諸費用を貸し出す時の金利が高くなるというようなこともありません。

 

近年では住信SBIネット銀行が2018年10月から諸費用を貸す人の金利を引き上げていたのを撤廃しましたが、逆に諸費用の借り入れなどに関係なく審査結果で金利を上乗せするようになっていますので、「審査で金利が変わらない※」という点は引き続きメリットの1つです。

※審査の結果によっては保証付金利プランとなる場合があり、この場合には上記の金利とは異なる金利となります。 金利プランが保証付金利プランとなる場合は、固定金利特約が 3年、 5 年、 10 年に限定されます。

 

まとめ

オーバーローンと言うと聞こえが悪いのですが、誰かに嘘・虚偽の申告をすることや、その後の生活に支障がなく借りたお金を返済できるのであれば大きな問題ではありません。auじぶん銀行が提供している諸費用の上乗せ融資のサービスを利用すれば金融機関などに虚偽の申告をして後ろめたい気持ちもありません。

 

何よりもauじぶん銀行の住宅ローンに諸費用の借り入れを申し込んで審査に通ったということは、「auじぶん銀行が諸費用の融資をしてもこの人は大丈夫」とある意味でお墨付きをもらえたと考えることもできると思います。

 

下手な不動産会社の営業トークに惑わされず、正しい手続きでご自身の悩みを解決してくれる金融サービスを利用するようにしましょう。

 

auじぶん銀行の住宅ローンについてさらに詳しくはこちら

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加