楽天銀行

住宅ローンの分割借入(つなぎ融資)とは?おすすめの銀行は?

住宅ローンは引き渡しと同時に融資の実行を受け一括決済する場合が一般的です。この場合に対象となるのはすでに出来上がっている物件、新築建売住宅やマンション、中古住宅になります。
しかし、今住んでいる建物を建て替える、土地を購入しそこに住宅を立てる場合、いわゆる注文住宅を立てる場合には、土地購入費用、建築代金の着手金や中間金の支払いといった、建築請負工事契約に沿って複数回に分けて代金を支払うことが必要になります。

この場合には、引き渡し時に融資を受ける一般的な住宅ローンでは対応できません。こんなときはどうするのでしょうか。
それが住宅ローンの分割借入(つなぎ融資)です。

ここではつなぎ融資について解説し、更におすすめの銀行を紹介します。

続きを読む

楽天銀行 住宅ローンのメリット・デメリット・落とし穴とは?

日本最大のIT企業である楽天グループに属する楽天銀行はイーバンクを前身としており、日本政府が100%出資している住宅金融支援機構と協力し「フラット35」を提供しています。
フラット35は国内でメガバンク・地銀など300あまりの金融機関が提供をしていますが、楽天銀行は2016年度にみずほ銀行を抜き、銀行業界におけるフラット35取り扱い件数1位となっています。

2016年度の実績ですとフラット35で住宅ローンを組む方のうち10人に1人程度の割合で楽天銀行を選んでいます。

フラット35において銀行業界でNo.1の人気・実績をもつ楽天銀行ですが、多くのメリットがあることでこうした実績に結びついて言えると思われますが、落とし穴やデメリットはないのでしょうか?

同じ住宅ローンでも契約する方により向き・不向きがあったりするものです。しっかりと落とし穴やデメリットを把握しておくことで楽天銀行のフラット35を賢く活用してみてはいかがでしょうか。

楽天銀行の公式サイトをまずは確認したいという方はこちらはらアクセスいただけます https://www.rakuten-bank.co.jp/home-loan/

 

続きを読む