スポーツ選手の住宅ローン審査

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポーツ選手は、普通のサラリーマンと比べて、何かとリスクが多い職業と銀行は考えるでしょう。このため本ページでは住宅ローン審査においてスポーツ選手について銀行がどのような前提で審査を行い、どの点に力点を置いて審査を行うのか、審査対策やスポーツ選手にオススメの銀行を解説していきたいと思います。
なお、年齢、健康状態、信用情報、住宅の価値・評価など審査項目は職業ごとに違いはないため本ページでは割愛します。

 

スポーツ選手の方でもOK!人気の住信SBIネット銀行のフラット35。フラット35からの借り換えも可。

 

前提

住宅ローンは高額な資金を長期間に渡り貸し出す性質なものであるため、継続的な収入があるかという点を銀行は重視します。
会社員は会社と雇用契約を結び、給料を受け取る立場であり、雇用保険や労働保険などでセーフティーネットがしっかりしています。
一方、スポーツ選手は、言ってみれば個人事業主。つまり自営業者ということになります。そのため、会社員と比較して慎重な審査が行われます。
年収だけで考えれば、会社員よりも高級取りが多いにも関わらず、審査の面で不利があるというのはなんとも納得がいきませんが、銀行はいかに貸したお金を回収するか?という点を重視しますので、こういう傾向になってしまいます。

 

スポーツ選手は個人事業主?

スポーツ選手は住宅ローン審査においては個人事業主の扱いになります。スポーツ選手が事業主?そう聞くとピンと来ないかもしれません。ただ難しく考える必要はありません。サラリーマンや公務員、アルバイト、無職、それらに該当しない人間のことを個人事業主というからです。スポーツ選手は独立事業主である、そのため、過去3年分の年収提示が必要となってくるというわけなのです。

スポーツ種目について

「収入が安定している会社員の方が住宅ローン審査に有利」という点は冒頭で触れましたが、スポーツ選手についても、そのスポーツの継続性を求められるでしょう。何歳まで現役でいられるスポーツなのか。また、現役を退いたあとに、コーチなど、職業としての継続性が保たれるかどうかが見られます。

頭金について

スポーツ選手というのは、年度によって収入がぶれやすい職種ということができます。銀行側からすると、「そのスポーツの収益性」という観点よりも、あるいは「その人がお金のコントロールをしっかりできるか」という観点を普通の会社員に貸し出しをするよりも重視する傾向にあります。
「今後、収入が落ち込んでも、きちんと返済をしていける人物かどうか」を頭金の額で測られるわけです。
頭金ゼロでも利用できる住宅ローンが主流となっていますが、審査のためにも、今後の生活のためにも、頭金は2-3割用意するようにしましょう。

健康状態

スポーツ選手ですから、健康状態についてはいうまでもないことかもしれません。
住宅ローンの借入には各銀行の指定する団体信用生命保険に加入することが必要であるため、持病、健康状態、病歴などにより団信に加入できず、結果的に住宅ローンの借り入れができない場合があります。
これは住宅ローン借入者が死亡した場合に団信より住宅ローン残高が弁済され、残高がゼロになるという特性を持っているためです。
借り入れ希望金額によっては、保険会社所定の診断書の提出が必要になる場合があります。
スポーツ選手は、体が資本なわけですから、通常の人よりも十分体には気をつかっていることでしょう。
ただ、その分、どこか故障があり、スポーツ選手としての継続性が疑われるような病気があれば、融資可能性はほとんどなくなると言っていいでしょう。

どこの銀行で借りられるのか?

スポーツ選手の住宅ローン借入についてお話をしてきましたが、実際には「断られた。」という人が多いのではないでしょうか?それもそのはず。「スポーツ選手は個人事業主」とはいえ、普通の会社経営者とは違い、過去3年分の所得がしっかりある場合でも、「今後の見通しは分からない!」と考える銀行融資担当者が殆どだからです。実際に、複数の地方銀行に問い合わせたところ、「うちでは取り扱えない」との回答を頂いています。

そんな中、スポーツ選手の融資に前向きな回答を頂けたのは、ネット専業銀行大手。しかも、「フラット35であれば。」とのことでした。
フラット35は、国が管理する住宅ローンであり、所轄は「住宅金融支援機構」です。つまり、融資基準が他の銀行とは異なるわけです。審査は通常の住宅ローンよりもやや通りやすい。そのうえ、大手ネット専業の銀行であれば、申込み母数が大きいため、リスク分散が図りやすく、そのためスポーツ選手といった他の銀行が貸し渋るような職業の方にも融資をしやすい、といった実態があります。

楽天銀行について

楽天銀行の扱うフラット35は日本国(政府)が実質的に管理する住宅ローンであり、民間金融機関とその存在の目的が全く異なっています。
フラット35は国民に長期固定金利で資金を提供し、マイホーム購入をサポートすることを目的としています。そのため他の民間金融機関と住宅ローン審査の基準が大きく違っている訳です。そのため民間金融機関がリスクが高いとみるスポーツ選手という職業の方にも借り入れがしやすい住宅ローンとなっています。。また、こうしたフラット35の中でも楽天銀行が扱うフラット35はフラット35を扱う330あまりの国内金融機関の中で最も低金利です。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加