ビジネスローンとは?特徴、メリット、デメリットを解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ビジネスローン」とは、個人事業主や中小企に対して提供される事業資金を調達するための手段のひとつです。

ビジネスローンは「事業者ローン」と呼ばれることもあます。ビジネスローンの特長は保証人や担保を必要としない・資金用途の縛りがない(ことが多い)・貸出審査のが早い・小口資金に対応しているなどがあります。

ビジネスローンの活用シーン

中小企業や個人事業主にとって、無借金経営が堅実な手法ではありますが、素早く事業を展開をしていくために必要な資金を外部からの融資でまかなうのは決して悪いことではありません。

 

いわゆる”ビジネスローン”は金利が高いこともが多いので、できれば普段から取引のある金融機関から融資を受ける方が良いでしょう。ただし、様々な事情により普段付き合いのある金融機関から融資を受けられなかったり、時間的に間に合わない・融資単位は大きすぎる・・・などのミスマッチがある時、思い切ってビジネスローン活用を考えるのは有効です。

 

ビジネスローンに特化した金融機関も登場

ビジネクト、ビジネスパートナーなどビジネスローン特化型の金融機関もあります。近年は競争が進んでいて金利も適正な範囲で借りられる機会が増えてきました。また、オリックスVIPローンカードBUSINESSのようなカードローンの形態を採ったビジネスローンもあります。

 

実際の利用には、申し込みを行うと同時に、経営者の情報、経営状況を報告するための書類提出が必要です。

 

スコアリングによる機械審査や、金融機関が与信リスク回避のために高めの金利設定をしている、などといった理由により、利用申込後その日のうちに融資されるビジネスローンもあります。

資金用途は問われない場合もあり、経営者の個人的理由で融資を受けたいといった場合でも適用されます。融資額は1千万円超、5千万まで可能なビジネスローンもあります。返済期限は長期(約5年)も可能です。

 

総量規制の影響

さらなる特長・メリットとしては、個人事業主が利用可能なローンとして総量規制対象になりにくい点も特徴として挙げられます。

消費者金融系のカードローンには総量規制が設定されていますが、ビジネスローンの場合は各金融機関により対応条件が異なるものの、総量規制の対象にはなりにくいようです。そのため、売掛金の回収までに数ヶ月の時間がかかってしまった、事業開始直後で運転資金が切れてしまったという場合の、事業展開を助ける繋ぎとして活用できます。

 

売掛金回収までの資金確保として、売掛債権の買取を行うファクタリングという金融商品もありますが、これは法人だけが対象となり、個人事業主の利用はできません。

 

ビジネスローンのデメリットについて

ビジネスローンにもデメリットはあります。

公的融資で金利が5%を超えることはありませんが、ビジネスローンの場合は上限金利付近での契約となることが多くあります。

 

また、融資額も大きくはありません。事業規模と過去の利用実績によっては、個人向けカードローンと同じ程度の融資枠が設定されていることもあります。

 

こういったデメリットも頭の上に置き、事業資金の流動性を改善するという目的で、限定的にビジネスローンを利用するのが良さそうですね。

 

緊急資金用として数社と契約を結んでおき、必要に迫られた時にさっと融資を受けるという使い方も可能ですから、上記のことも踏まえ一度検討してみるのはいかがでしょうか。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加