「登記事項」と住宅ローン審査

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

住宅ローンを利用するうえで、必ず必要となる登記の手続き。

今まで「登記」なんて知らずに過ごしていた人でも、住宅購入をするときには避けて通ることはできません。

登記簿とは、土地や建物の「戸籍」みたいなものです。(会社や船舶などもありますが、ここでは割愛します。)

登記簿には、その土地や建物の番地、大きさ、権利関係が記載されます。

また、土地・建物の所有関係や担保状況なども登記簿に記載されています。

この土地・建物の「戸籍」である登記簿が、金融機関が住宅ローンを貸し出す際の拠り所となります。

つまり、権利関係や建物・土地の状況が登記簿と売買契約書や建築確認で異なる場合には、住宅ローンの利用が難しくなります。

滅多にありませんが、所有者が異なっているといった場合もあるので、売買の際は、登記簿をきちんと確認することが必要です。

万一、所有者が異なっていた、前の所有者の抵当権が付いたままであるといった場合、住宅ローンの利用は難しくなります。金融機関も余計なリスクを負いたくない、できるだけ避けたいからです。

「知らなかった・・・」では済まされない登記簿。売買や相続など、権利関係が変動するようなときには、必ず目を通して、現在の土地・建物の現況と登記簿上の記載に齟齬がないか確認をしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加