ビットコインとは?初心者向けにわかりやすく解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ビットコイン(BTC)とは?

ビットコイン(BTC)とは、仮想通貨(暗号通貨)と呼ばれる「通貨」です。仮想通貨の代名詞として2009年からスタートしていて、圧倒的な取引ボリュームを誇り、仮想通貨(暗号通貨)の中で、もっともメジャーな通貨です。

ビットコインが登場してから、アルトコイン(altcoin)と言われる派生通貨が腐るほど登場していますし、実際「腐ってしまった」と言っても良い仮想通貨もたくさんあります。

ビットコインは世界中の仮想通貨の仮想通貨取引所・販売所で取り扱いがあり、もっとも信頼性が高い仮想通貨として世界中の人が投資している仮想通貨です。

ビットコインはだれが提供している?

例えば、「円」は日本の通貨で、日本の中央銀行である日本銀行を中心として組織(≒日本)が提供しています。米ドルであればアメリカ、人民元であれば中国です。

仮想通貨の場合、中心となる運営主体が存在しません。仮想通貨を取り扱う人(個人・法人)同士がP2P(Peer to Peer)と言う方式で取引情報が管理されます。発行数に上限がある仮想通貨が多く、流通量に対する需要と供給により価格が変動する。

 

ビットコインは無限?

円の場合、日本銀行がお札を刷れば発行額・流通額は増えますが、ビットコインのような仮想通貨の場合、「誰かの権限で管理される」ということがないため、誰かの独断で発行枚数を変更することできません。

また、無限に発行できる仕組みでは、ビットコインのような仮想通貨の価値を維持できないので、発行上限数が最初から決まっています。例えば、ビットコインの発行上限数は2,100万枚で、上限には達していませんが、すでにその大半が発行されている状況です。上限に達したら新しく発行することはできず2,100万枚の上限に達すると、それ以降はビットコインの発行枚数は増えないので2,100万枚を売りたい人と買いたい人で取引することになります。

ただし、「半減期」と呼ばれる概念があって、新しく発行できる量は4年に1回のペースで半分になるという仕組みになっているので、大半が発行されていますが、「全部が発行される」という状態は100年以上かかると言われています。

 

初心者におすすめのビットコインの始め方とは?

ビットコイン取引所名称 概要
Coincheck 取引所での取引手数料が0%。大手ネット証券会社・マネックス証券のグループで企業背景も安心。初心者でも見やすく分かりやすい。販売所の手数料には注意。積み立てやビットコインがもらえる新電力サービスも提供中。
bitFlyer スマホのアプリで取引所での取引も可能。ビットコインFXもかんたんにできる。
DMM Bitcoin DMMグループらしいサービス。注文・分析に優れたスマホアプリを提供。
GMOコイン 指値など玄人好みの注文機能を備えた高機能なアプリを提供。
bitbank それぞれ特徴がありますが初心者の人は上記の4つからスタート。その後、ご自分の投資スタイルや投資方法にあった取引所選びをおすすめします。
BITPoint
Quoine
TaoTao
FXcoin
SBI VC トレード

まとめ ビットコインとは?

  • 仮想通貨の1つ。数ある仮想通貨の中でももっとも利用者・取引ボリュームが多い通貨。
  • 通貨単位はBTC(ビーティーシー)。最小単位は1億分の1BTCまで用意されている。
  • 2021年2月に時価総額が1兆ドル(100兆円以上)を突破。仮想通貨の中でも圧倒的な規模。
  • 日本企業が提供する取引所で売買可能。初心者におすすめは大手企業の子会社にあたるコインチェックなど。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加