2022年 5月 の投稿一覧

auじぶん銀行の住宅ローンの疾病保障付きの団信を徹底解説

auじぶん銀行の疾病保証付き住宅ローン

この記事ではauじぶん銀行の住宅ローンの魅力の中から団体信用生命保険(団信)を魅力について解説していきます。

 

auじぶん銀行は誰もが知る大手通信会社と大手都市銀行が共同出資して2008年6月に設立したネット銀行です。

 

口座数は2010年5月に100万件、2015年に200万件、そして2020年には400万件を達成し急成長を続けています。住宅ローン融資実行累計額は2020年9月に1兆円を突破、2022年3月に2兆円を突破しており、近年、急激に住宅ローンの需要を取り込んでいます。

続きを読む

auじぶん銀行の住宅ローン キャンペーンコードは?/2022年最新版

このページではauじぶん銀行の住宅ローンの最新のキャンペーン情報やキャンペーンコードの登録が必要なキャンペーンついて解説しています。

auじぶん銀行は住宅ローンだけでなく様々な金融商品や銀行サービスをオトクに利用できるネット銀行です。しかも、auじぶん銀行で住宅ローンを借りると、振込手数料やATM手数料の優遇されたり、auじぶん銀行の口座が利用しやすくなるじぶんプラスという優遇サービスも提供しています。

 

住宅ローンのキャンペーンコードは入手できる?

2022年5月2日時点でauじぶん銀行の住宅ローンでキャンペーンコードを入力することで金利やサービス内容が優遇されるキャンペーンの実施は確認できませんでした。

※当サイトでは、毎月ホームページ(キャンペーンページなど)などで、キャンペーンコードの案内・配布しているキャンペーンの有無を確認しています。特定の条件の人に限定してキャンペーンコードを配布するようなキャンペーンは確認できていませんのでご了承ください。

 

住宅ローンのキャンペーンに関する注意点

住宅ローンのキャンペーンは、常に実施されているわけではありません。当サイトでも住宅ローンのキャンペーンの実施状況を毎日チェックしているわけではないので、最新のキャンペーンを紹介できていない可能性があります。このページで紹介していない新しいキャンペーンが開始していることもあります

 

最新のキャンペーン情報はこちらのページか以下の公式サイトから確認しておくようにしましょう。

 

auじぶん銀行の最新のキャンペーンの確認はこちら

 

※万が一、キャンペーンコードの入力が必要なキャンペーンを実施されている場合、キャンペーンコードを入力しないとキャンペーン特典をもらえなくなってしまうことになるので、念には念を入れて公式サイトのキャンペーンページを申込を完了する直前に確認することをおすすめします。

続きを読む

auじぶん銀行などのネット銀行の住宅ローンのつなぎ融資への対応状況

auじぶん銀行のつなぎ融資

この記事では注文住宅で家を建てる時に利用する「つなぎ融資」にネット銀行の住宅ローンが対応しているのか、について解説しています。

 

マイホームを手に入れる方法の1つに注文住宅がありますが、新型コロナウイルス感染症の感染拡大と、社員のワークライフバランスの適正化を理由に近年在宅勤務が当たり前になりました。家で過ごす時間が増えたことにより、住まいの快適さ重視したいという方は多いのではないでしょうか?

 

注文住宅は、家族構成・生活スタイルに合わせた家を一から考えることができるので、快適な住まいを手に入れるための有力な選択肢です。

 

また、税額控除の制度である住宅ローン控除は新築物件購入時の方が、中古物件購入時よりも優遇されているということもあり、注文住宅の市場には追い風が吹いているといえます。

 

実は注文住宅購入時の資金計画は建売住宅、中古住宅、マンションの購入時と比べて複雑になっています。その理由は、土地の購入から建築の着工、そして引き渡しといった段階ごとに、複数回の支払いが必要になるためです。

 

銀行で借りることができる住宅ローンは完成した物件の引き渡し時にしか実行できません。土地の購入時に売主に支払う資金や建築の着工時に建設会社に支払う資金は、住宅ローン以外の手段で用意する必要があります。そこで注文住宅の購入者が、資金調達の手段として利用するのが「つなぎ融資」です。

 

ネット銀行のウェブサイトでは住宅ローン商品の解説はわかりやすくされているものの、つなぎ融資の説明ページはあまり目立つところに記載がありません。また、ネット銀行によってはつなぎ融資を取り扱っていない場合もありますので、注文住宅を購入する方は銀行選びの際につなぎ融資の利用の仕方も合わせて把握する必要があります。

 

次の項からつなぎ融資の仕組みと具体的な銀行の選び方について解説していきます。

 

続きを読む

auじぶん銀行の住宅ローンをデメリットまで徹底解説!

この記事を書いた専門家(フィナンシャルプランナー)
遠藤功二(フィナンシャルプランナー)


遠藤功二(えんどう こうじ)

1級FP(1級ファイナンシャルプランニング技能士)

CERTIFIED FINANCIAL PLANNER、経営管理専攻修了(MBA)

三菱UFJモルガンスタンレー証券、オーストラリア・ニュージーランド銀行にて延べ1,000人以上の顧客の資産運用アドバイスを担当。 現在は独立系FPとして、投資に限らずライフプランニング、保険、住宅などの幅広い分野で相談、講演、執筆業務に携わる。

最近はインターネット専業銀行(ネット銀行)で住宅ローンを借りる方がかなり増えています。

 

店舗を持たないネット銀行は経費があまりかからない分、手数料、金利水準の面で対面型の従来の銀行よりも有利な傾向があります。そのため、ネット銀行の住宅ローンを万能と勘違いしてしまいそうになりますが、どのような住宅ローンにもメリットやデメリットは存在するように、ネット銀行の住宅ローンにもデメリットがあります。

 

auじぶん銀行の住宅ローンは、住宅ローンの人気ランキングでも上位に位置していますし、デメリットよりもメリットが上回るため、実際に利用している方が非常に多い住宅ローンです。実際、住宅ローンの金利はかなり低く、変動金利で年HPご確認%(全期間引下げプラン)、10年固定金利は年HPご確認%(当初期間引下げプラン)と他の銀行と比較してもかなり金利が低いグループに属しています。 (

※審査の結果によっては保証付金利プランとなる場合があり、この場合には上記の金利とは異なる金利となります。 金利プランが保証付金利プランとなる場合は、固定金利特約が3年、5 年、10年に限定されます。

続きを読む

auじぶん銀行の住宅ローンでオーバーローンは可能?

低い金利と充実した疾病保障だけでなく、借り入れ後の使い勝手の良さでも人気を集めているauじぶん銀行の住宅ローン。auじぶん銀行の住宅ローンは、カカクコム、オリコン顧客満足度®︎などのランキングでは上位の常連です。

 

この記事ではauじぶん銀行の住宅ローンでオーバーローン状態になるぐらいの金額を借りられるのか?を解説しています

 

”住宅ローンをオーバーローンで借りる”と聞くと悪いことをしているような印象がありますが、今の日本の住宅ローン業界では、”オーバーローンで住宅ローンを借りるのは普通のこと”と言っても良いぐらいです。実際、たくさんの人がオーバーローンと言われるような状態で住宅ローンを利用しています。

 

住宅ローンの金利が高い時代は、「住宅ローンを借りるならできるだけ自己資金を用意すべき」という意見が常識でした。当時は金利が高いので利息負担が大きく、少しでも住宅ローンの残高が少ない状態で借りておかないと雪だるま式で返済額が増えてしまう時代だったのがその理由です。

最近は住宅ローンの金利が低いので、住宅ローンの利息負担はかなり少なくなっていますし、住宅ローン控除のような仕組みも充実しているので、自己資金を全く用意しないで家を買ったりするのは当たり前の時代になりました。それどころか、手数料などの諸費用を住宅ローンに含んで、いわゆる”オーバーローン”で住宅ローンを借りる人もたくさんいます。

このように、オーバーローンは普通のことになったわけですが、借りる金額が大きくなれば利息額が増えることに違いはないので、少しでも金利が低い住宅ローンを選ぶことは大切です。

 

続きを読む

auじぶん銀行の住宅ローンの落とし穴と審査基準

auじぶん銀行は2008年6月に営業を開始したインターネット銀行です。

大手企業を親会社に持つ資金力を活かし、最新サービス・最新システムの開発を進めているauじぶん銀行は、株式会社格付投資情報センター(R&I)の発行体格付でも「AA-」(2021年9月22日時点)と高く評価されています。

資本金は2021年11月に第三者割当増資をしたことで735億円に到達。預金残高は2021年8月に2兆円を超えていて銀行の規模は順調に拡大しています。

 

このようにauじぶん銀行はネット銀行の中でも信用力が高い銀行ですが、従業員数は想像以上に少なくわずか454人(2021年6月10日時点)です。2兆円を超える残高を誇る銀行がこの人数で営業できているのは、ネットに限定してサービスを提供しているためです。地方銀行や信用金庫等の金融機関と比較すると、かなりスリムな経営資源で大きな事業を展開できていると言えるでしょう(参考:https://www.jibunbank.co.jp/corporate/history/

 

auじぶん銀行は、店舗費や人件費を抑えることで、有利な条件で金融商品を提供したり、安価な手数料で銀行サービスを提供していて、普段使いの銀行としても魅力的な銀行です。例えば、auじぶん銀行の住宅ローンは高く評価されていて、価格.comの住宅ローン人気ランキング2021年上半期住宅ローン部門別で第1位、2021年オリコン顧客満足度®︎調査住宅ローン金利部門でも第1位を獲得しています。

 

ただし、auじぶん銀行の住宅ローンは誰でも利用できるわけではなく、比較的厳しめの審査が行われていると言われています。また、気がつきにくい落とし穴(デメリット)にも注意する必要があります。この記事では、そんなauじぶん銀行の住宅ローンについて審査基準・落とし穴(デメリット)などについて解説します。

 

続きを読む

auじぶん銀行のau金利優遇割を徹底解説(UQモバイルやpovoは対象?)

この記事を書いた専門家(フィナンシャルプランナー)
遠藤功二(フィナンシャルプランナー)


遠藤功二(えんどう こうじ)

1級FP(1級ファイナンシャルプランニング技能士)

CERTIFIED FINANCIAL PLANNER、経営管理専攻修了(MBA)

三菱UFJモルガンスタンレー証券、オーストラリア・ニュージーランド銀行にて延べ1,000人以上の顧客の資産運用アドバイスを担当。 現在は独立系FPとして、投資に限らずライフプランニング、保険、住宅などの幅広い分野で相談、講演、執筆業務に携わる。

この記事ではauじぶん銀行のau金利優遇割について解説しています。

 

au金利優遇割は2021年3月1日にスタートした住宅ローンの金利割引制度です。具体的には、au回線の利用とじぶんでんきをセットで契約すると最大で年0.1%の金利優遇を受けることができます。

 

一般的に住宅ローンは仮入れる金額も大きく、返済期間は何十年にもなるので、年0.1%の金利の違いは総返済額が大きく違ってきます。

 

このように、明らかにお得と言えるau金利優遇割は、どのようにしたら利用できるのでしょうか。順に見ていきましょう。

 

なお、本記事ではau金利優遇割の魅力について解説していきますが、割引制度の適用を受けるためには各種条件をクリアする必要があります。特に、UQモバイルとpovo(1.0/2.0)を利用している人は、諸条件について以下で詳細を確認してから読んでいただくことをおすすめします。

 

au金利優遇割の条件について詳しくはこちら
 

続きを読む