バセドウ病だと住宅ローンが組めない?住宅ローンの団信対策とは

通常、住宅ローンを借りるには、保険会社が提供する団体信用生命保険(団信)に加入する必要があります(フラット35を除く)。

 

団信とは、住宅ローンの返済中に契約者が死亡したり、高度障害状態になった時に保険金で残りの住宅ローンが弁済される生命保険です。銀行は契約者が死亡した場合の貸し倒れリスクに備えられるメリットがありますし、住宅ローンを契約する側にとっても、万が一の時に家族が住宅ローンの返済で路頭に迷わないように備えられるというメリットがあります。

 

なお、団信は生命保険なので団信に加入するためには健康状態や治療状況の告知(申告)が必要です。告知とは、簡単に言えば、保険会社に対して自分の健康状態を申告することで、生命保険会社は、その健康告知をもとに加入の可否を判断します。

 

団信の健康告知は、通常の生命保険よりも告知項目が少なく、比較的に加入しやすいのですが、病気の種類や症状、経過によっては団信に加入できない場合があります。

 

今回のこの記事では、”バセドウ病”という病気に注目していきます。バセドウ病は200~400人に1人ぐらいの割合でかかると言われていて、皆さんが想像しているよりもバセドウ病の患者さんはたくさんいると思ってください。(実際、芸能人・有名人でもバセドウ病であることを公表している人は何人もいます。)

 

それでは、メインテーマの”バセドウ病の人は住宅ローンを利用できるのか?”について解説していきます。

 

団信の仕組み

続きを読む

ソニー銀行の住宅ローンの落とし穴・デメリット、メリットとは?

ソニー銀行は、今から約20年前の2001年にソニーと三井住友銀行(旧さくら銀行)に加えて外資系のJPモルガンなどが出資して誕生したインターネット銀行です。

インターネット銀行として日本で初めて住宅ローンの取り扱いを開始したのがソニー銀行です。今は住宅ローンをネットで申し込むのが当たり前ですが、それはソニー銀行が切り開いてきた歴史でもあります。

 

初めてのネット銀行の住宅ローンという肩書だけではなくて、ソニー銀行の住宅ローンは、オリコンの顧客満足度調査で10年連続で1位を獲得するなど、実際にソニー銀行の住宅ローンを利用しているユーザーに高く評価されている点が特徴です。

 

このページではソニー銀行の住宅ローンの落とし穴やデメリットを中心にまとめていますが、ソニー銀行の住宅ローンに魅力がないという伝えたいわけではなくて、どんなに優れた住宅ローンでも商品内容をちゃんと理解しておかなければ思わぬ落とし穴に落ちてしまうことがある、ということを伝えたいと思っています。

※この記事ではソニー銀行の住宅ローン最新キャンペーンの情報などにはあまり触れていませんので、事前にこちらから確認しておくようにしてください。

続きを読む

auじぶん銀行の住宅ローンの落とし穴と審査基準

インターネット銀行として様々な最新の金融サービスを提供しているauじぶん銀行。親会社は日本を代表する大企業でネット銀行の中でも特に企業背景がしっかりした銀行です。

 

auじぶん銀行では、住宅ローンはもちろん、様々な金融分野で時代をさきどる新しいサービスを提供していますし、最新技術と効率的な経営(人件費や店舗費を節約)で、金融サービスの利用時の手数料も安く、普段使いの銀行としても魅力的な銀行です。

 

この記事では、そんなauじぶん銀行の住宅ローンのうち、住宅ローンの商品性や審査基準・落とし穴(デメリット)などについて紹介します。

 

続きを読む

auじぶん銀行の住宅ローン キャンペーンコードは?/2021

このページではauじぶん銀行の住宅ローンのキャンペーン情報やキャンペーンコードについて解説しています。また、振込手数料やATM手数料の優遇サービスなど、auじぶん銀行の住宅ローンを利用した時についてくるお得なサービスについても合わせて解説しています。

住宅ローンのキャンペーンコードは入手できる?

2021年6月1日に当サイトが調べた限りでは、auじぶん銀行が住宅ローンのキャンペーンコードの入力が必要なキャンペーンの実施は確認できませんでした。

※ホームページ(キャンペーンページなど)などで、幅広くキャンペーンコードの案内・配布しているキャンペーンの有無を確認しています。特定の条件の人に限定してキャンペーンコードを配布するようなキャンペーンを実施している可能性はありますのでご了承ください。

 

住宅ローンキャンペーンに関する注意点

住宅ローンのキャンペーンは、常に実施されているわけではありません。また、当サイトでも毎日住宅ローンのキャンペーンの実施状況をチェックしているわけではないので、実施中のキャンペーンを全て紹介できていない可能性があります。多くのキャンペーンが月初に開始しますが、月中に、突然新しいキャンペーンが開始することもあります

 

最新のキャンペーン情報はこちらのページか以下の公式サイトから確認しておくようにしましょう。

 

auじぶん銀行の最新のキャンペーンの確認はこちら

 

※先ほど触れたように、「誰でも参加可能」で「キャンペーンコードの入力」が必要なキャンペーンはめったに実施されていません。ただし、万が一、キャンペーンコードの入力が必要なキャンペーンを実施されている場合、キャンペーンコードを入力しないとキャンペーン特典をもらえなくなってしまうことになるので、念には念を入れて公式サイトのキャンペーンページを申込を完了する直前に確認することをおすすめします。

続きを読む

auじぶん銀行の住宅ローンでオーバーローンは可能?

低金利と充実した疾病保障、そして借り入れ後の高い利便性で人気を集めているのがauじぶん銀行の住宅ローンです。

 

この記事ではauじぶん銀行の住宅ローンのオーバーローンをテーマにして解説したいと思います。”オーバーローン”と言うと言葉からは悪い印象を受けますが今の日本の住宅ローン業界では、いわゆるオーバーローン状態の住宅ローンは普通に利用されています。

 

住宅ローンの金利が高い時代は、「住宅ローンを借りるならできるだけ自己資金を用意すべき」という意見が常識でした。利息負担が大きく、少しでも住宅ローンの残高を減らすことが求められた時代だったのがその理由です。

近年のように住宅ローンの金利が低いと住宅ローンの利息負担は相対的に小さくなりますし、住宅ローン控除という仕組みもあるので、自己資金を用意しないで借りたり、諸費用まで借りてオーバーローン状態で借りる人は増えています。

このように、オーバーローン=悪という時代ではなくなっていますが、相対的に利息負担が小さくなっていると言っても、借りる金額が大きくなれば利息額は増えるので、少しでも金利が低い住宅ローンを選ぶことは大切です。

 

続きを読む

フラット35の審査基準を解説。通らない・落ちた理由とその対策

フラット35は国土交通省が所管する住宅金融支援機構が提供する長期固定金利タイプの住宅ローンです。

フラット35について

 

フラット35は住宅金融支援機構に直接申し込むのではなく、住宅金融支援機構と提携する金融機関を経由して申し込む仕組みになっています。

 

フラット35を申し込むことができる金融機関は約330社あります。さらにそれらの金融機関と提携している工務店や不動産会社経由で申し込む場合もあります。幅広い金融機関で全国的に利用可能なフラット35はこれまで100万組の人が利用しているので、1件あたり2,500万円だとして25兆円、1件あたり3,000万円だとして30兆円も貸している計算になります。

 

この記事では100万件≒100万世帯に住宅ローンを貸しているフラット35の審査基準について解説しています。

 

まず、フラット35を提供する住宅金融支援機構は、利益を上げることが目的の銀行とは違う行政法人で、国土交通省などが所管しています。独立行政法人という仕組みを使って国が支援しながら提供されているフラット35は公的な側面がある住宅ローンで、「幅広い国民がマイホームを持てるようにすること」「優良・高性能な住宅を日本に普及させること」などの国が定める方向性・戦略に沿って提供されています。

 

例えば、パート・アルバイトでも利用できたり、団体信用生命保険に加入できない人でも利用できたり、住宅ローンの審査基準も民間金融機関の住宅ローンとはかなり異なっています。ダイレクトに言ってしまえば、フラット35は日本有数の審査に通りやすい住宅ローン、つまり、審査基準が甘い面がある住宅ローンです。

続きを読む

社長、経営者、オーナー、代表取締役、取締役の住宅ローン審査

社長、経営者、オーナー、代表取締役、取締役などのいわゆる「経営者」「起業家」と企業で働くサラリーマンが明確に違うのは「労働者か労働者ではないのか」と言う点です。

 

一般的に、会社の中では「経営者」が大きな力を持っているので、「労働者」を不当に扱うことのないように国は「経営者」から「労働者」を守るため法令を用意したり、「労働者」を救う制度を用意しています。逆に「経営者」を守る制度と言うのも存在しますが、自分で事業や会社を運営しているため、一般的に企業で働く従業員が負うことのない高い事業リスクを負っています。

 

この記事では、住宅ローン審査で「社長、経営者、代表取締役、取締役などの経営者」がどのように評価されるのか、また、経営者からの住宅ローン申し込みがどのようなポイントを重視して審査されるのかについて解説しています。

続きを読む

派遣社員・契約社員の住宅ローンの審査について

厚生労働省が実施している労働者の統計によると派遣社員・契約社員として働く人は400万人以上存在していて日本の勤労者全体の7-8%程度を占めると言われています。

 

この記事では派遣社員・契約社員として働く人の住宅ローンの審査について解説しています。2000年以降、いわゆる非正規雇用が増加傾向あり、正社員として終身雇用する時代は終わりを迎えたと言われていますが、住宅ローンの審査は正規雇用・正社員」が有利で、非正規雇用(派遣社員など)が不利な状況にあることに違いはありません。

ポイント
厚生労働省は5年に1回のペースで「派遣労働者実態調査」という調査を行い、その調査結果をホームページで公表しています。その調査結果にも記載がある通りで、派遣社員や契約社員は「雇用期間」があらかじめ決まっていますが、途中で契約の打ち切りを検討されることも多いのが実情で、「収入の安定感」が重視される住宅ローンn審査で厳しく見られてしまうのはやむを得ない面もあります。

 

続きを読む

年収100万円の人におすすめの住宅ローン・フラット35とは?

この特集ページでは年収100万円~200万円程度の人のための住宅ローンについて解説しています。

 

年収100万円程度では住宅ローンを借りることもマイホームを持つこともできないと思ってしまいそうですが、実は、年収100万円代で住宅ローンを借りてマイホームを買った人は想像以上にたくさんいます。実際、フラット35最大手のARUHIで住宅ローンを借りている人に年収100万円台人も一定に存在しているという公表データもあります。

 

年収100万円でも住宅ローンを借りられる可能性はありますが、住宅ローンを選び放題というわけではありません。また、選択肢が少ないことを見越して、高い金利で貸そうと考える金融機関もありますので、相談先・申込先はしっかりと選ぶことが大切です。

 

続きを読む

住宅ローン審査における勤続年数、年齢、健康状態について

住宅ローンは様々な観点で総合的に審査されます。この記事では住宅ローンの審査で必ず確認される「勤続年数」「年齢」「健康状態」について解説したいと思います。

 

マイホームは人生最大の買い物、そして、住宅ローンは人生最大の借金です。高額な借り入れになるので少しでも有利な金利の住宅ローンを利用することが大切ですし、そのためには住宅ローン審査をクリアする必要があります。

 

住宅ローンの審査基準や審査に落ちた時の理由は公表されることはありませんが、「勤続年数」「年齢」「健康状態」は比較的わかりやすく審査基準が明示されている項目です。

 

それでは、主要住宅ローンの住宅ローン審査における「勤続年数、「年齢」、「健康状態」の扱いについて確認していきましょう。

続きを読む