りそな銀行の住宅ローンの審査基準|本審査・事前審査の日数は?甘い?厳しい?

りそにゃん

この記事ではりそな銀行の住宅ローンの審査基準について解説しています。

 

りそな銀行はネットで申し込む住宅ローンに比較的早く対応していて、数年前からネット専用住宅ローンを取り扱っています。特にネット申込専用の借り換えローンは、ネット銀行以上の低金利でかなり話題になったこともあります。

 

ただし、ネット銀行も黙ってはおらず、すぐに追随され、会社的に無理がある金利水準だったためか、その後は徐々にりそな銀行のネット専用住宅ローンの金利が引き上げられました。

今でも低金利の部類ではありますが、ネット銀行のように無料の疾病保障を充実させるような動きも見られず、ネット銀行の住宅ローンとの差は拡大傾向という印象です。

 

この特集ページでは、そんなりそな銀行の住宅ローンの「審査基準」や「審査にかかる日数」などに着目してりそな銀行の住宅ローンを解説したいと思います。

続きを読む

ソニー銀行の住宅ローンの落とし穴・デメリット、メリットとは?

今から約20年前の2001年にソニーと三井住友銀行(旧さくら銀行)・JPモルガンなどが出資して誕生したネット銀行の老舗がソニー銀行です。実は、日本のネット銀行で初めて住宅ローンの取り扱いを開始したのもソニー銀行で、今では当たり前の存在になっている住宅ローンのネット申込の先駆けです。

 

約20年の歴史があるソニー銀行の住宅ローンはオリコンの顧客満足度調査で10年連続で1位になるなど、実際に住宅ローンを利用しているユーザーに高く評価されている点が特徴ですが、このページではソニー銀行の住宅ローンの落とし穴やデメリットについてまとめています。

どんなに顧客満足度が高いソニー銀行の住宅ローンで、落とし穴になりそうなポイントが全くが無いわけではありませんのでしっかり商品性を理解しておくようにしましょう。

ソニー銀行の住宅ローン

続きを読む

auじぶん銀行の住宅ローンでオーバーローンは可能?

低金利と充実した疾病保障、そして借り入れ後の高い利便性で人気のネット銀行の住宅ローンの中でも特に人気を集めているのがauじぶん銀行の住宅ローンです。

人気の秘密は1つではなく、選ばられる理由はたくさんあるのですが、今回はauじぶん銀行の住宅ローンが対応するオーバーローンをテーマにして解説したいと思います。

続きを読む

auじぶん銀行の住宅ローンの落とし穴とその審査基準とは

インターネット銀行として最新の金融サービスを提供しているauじぶん銀行は、親会社も日本を代表する大企業で、新しめのネット銀行ですが企業背景もしっかりしています。

 

auじぶん銀行は、住宅ローンはもちろん、様々な金融分野で新しいサービスの取り扱いを開始しているだけでなく、普段使いする銀行として利用しやすいサービスも充実しています。この記事では、そんなauじぶん銀行の住宅ローンのうち、住宅ローンの商品性や審査基準・落とし穴(デメリット)などについて紹介します。

 

続きを読む

auじぶん銀行の住宅ローン キャンペーンコードは?/2020

このページではauじぶん銀行の住宅ローンのキャンペーン情報やキャンペーンコード、また、振込手数料やATM手数料が優遇されるサービスについて解説しています。

住宅ローンキャンペーンに関する注意点

住宅ローンのキャンペーンは、常に実施されているわけではありません。また、筆者も毎日住宅ローンの実施状況をチェックしているわけではないので、実施中のキャンペーンを全て紹介できていない可能性や、新たなキャンペーンが開始している場合もあります。最新のキャンペーン情報は、事前にこちらのページか以下の公式サイトから確認しておくようにしてください。

 

auじぶん銀行の最新のキャンペーンの確認はこちら

 

※なお、「誰でも参加可能」で「キャンペーンコードの入力」が必要なキャンペーンはめったに実施されていませんが、もし実施中だったとしても、キャンペーンコードを入力しないとキャンペーン特典をもらえなくなってしまうことがあるので注意しましょう。

続きを読む

au住宅ローンの審査基準について

au住宅ローンはauの通信サービスを利用している人向けの特典がセットされている住宅ローンです。

 

auスマホユーザー向けの住宅ローン

具体的には、auユーザー向けに「最大5年間・毎月500円分がau WALLET(au PAY残高)にキャッシュバック(チャージ)されるサービス」をセットすることができるようになっています。

※「することができる」という表現になっているのは、別途手続きする必要があるためです。手続きを忘れると特典を利用できなくなるので注意しましょう。

 

続きを読む

フラット35・フラット20の金利推移は?今後の金利はどうなる?

このページではフラット35・フラット20の過去の金利推移と今後の金利動向を予想しています。

住宅金融支援機構では、フラット35の金利に連動する債権の条件を毎月20日前後に発表しています。その債券の利回りを参考にすることで、翌月のフラット35・フラット20の金利を予想できます。

 

最初にフラット35の金利推移を確認しておきましょう。

 

続きを読む

楽天銀行 住宅ローンのメリット・デメリット・落とし穴とは?

日本最大のIT企業である楽天グループに属する楽天銀行はイーバンクを前身としており、日本政府が100%出資している住宅金融支援機構と協力し「フラット35」を提供しています。
フラット35は国内でメガバンク・地銀など300あまりの金融機関が提供をしていますが、楽天銀行は2016年度にみずほ銀行を抜き、銀行業界におけるフラット35取り扱い件数1位となっています。

2016年度の実績ですとフラット35で住宅ローンを組む方のうち10人に1人程度の割合で楽天銀行を選んでいます。

フラット35において銀行業界でNo.1の人気・実績をもつ楽天銀行ですが、多くのメリットがあることでこうした実績に結びついて言えると思われますが、落とし穴やデメリットはないのでしょうか?

同じ住宅ローンでも契約する方により向き・不向きがあったりするものです。しっかりと落とし穴やデメリットを把握しておくことで楽天銀行のフラット35を賢く活用してみてはいかがでしょうか。

楽天銀行の公式サイトをまずは確認したいという方はこちらはらアクセスいただけます https://www.rakuten-bank.co.jp/home-loan/

 

続きを読む

三菱UFJ銀行 住宅ローンの審査基準

三菱UFJ銀行は住宅ローン残高で14兆円(2018年3月時点)を超える住宅ローン業界で最大規模を誇る金融機関です。

三菱UFJ銀行では窓口だけでなくインターネットからの住宅ローン申し込みを強化するなど、ネット銀行の住宅ローンに対抗する形で様々な取り組みを行っています。今回はその三菱UFJ銀行の住宅ローンの審査基準について解説します。

続きを読む

バセドウ病だと住宅ローンが組めない?住宅ローンの団信対策とは

一般的な住宅ローンを借りるには団信への加入が必須です。
団信とは、住宅ローンの返済中に契約者に万が一のことがあった場合、保険金により残りの住宅ローンが弁済される保障制度です。銀行は貸し倒れにならないように保険をかけるわけですが、この団信は生命保険の一種なので契約する際には健康告知が必要になります。健康告知とは、生命保険への加入を希望する方が保険会社に自分の健康状態をあらかじめ申告することです。生命保険会社は、その健康告知をもとに加入の可否を判断します。

団信の健康告知は、通常の生命保険よりも告知項目が少なく、比較的に加入しやすいと言われていますが、病気の種類や症状、経過によっては団信に加入できない場合があります。

今回注目するバセドウ病は200~400人に1人と羅患率が比較的高い病気ですが、住宅ローンを利用しようと思った場合はどうすればいよいのでしょうか。

団信の仕組み

続きを読む